パーク神戸スクール その3 DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > パーク神戸スクール その3ホーム > 練習 2010年 > パーク神戸スクール その3

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 パーク神戸スクール その3

ちょっと小分け過ぎるかなと思いますが、今回で終わらせます。つか、最近は携帯でブログを見てくれる人も多いでしょうし、あまり長文も避けるべきかなとも思っております。
今回のスクールは「修理と破壊の繰り返しを綴る次第で」のmiyaさんとご同行させてもらったのは先述の通りですが、miyaさんが非常に詳しくスクールの内容を書いてくれているので、二番煎じ感がありますね(笑)そして非常に内容が書きにくいです(笑)

続き。

お昼には座談がありました。座学とも言いましょうか、フォームのお手本等を見せてもらい、質問コーナーも。miyaさんは迫田さんのお父さんに無理やりに質問をさせられていましたが、ほかには誰も質問が無かったので僕が質問させてもらいました。内容は「レース序盤で巧くペースを掴むには」というもの。僕が一番苦手とすることです。中村選手に回答を頂きましたが。。。回答は秘密にしておきます(笑)

午後に最後のスクール。狭い箇所の3コーナー分ぐらいをぐるぐると周回します。コーナーの間には難しいジャンプがあり、飛べません。なので舐めてクリアするので、シッティングとスタンディングのメリハリを付けます。そしてコンパクトに回るコーナーでぎりぎりまでスタンディングをキープする練習です。ジャンプをクリアしてすぐにイン側を曲がるのでコーナリングフォームを作りにくい。ここでもイン側の足の挟みこみが重要と教えてもらいました。

たしかに、今回コースが滑りやすいこともあり、アウト側の足でシュラウドを抑えるのはもちろんのこと、イン側の足もちゃんとシュラウドを挟み込まないとバイクがふらふらします。
今までイン側の足の出し方ってそれほど重要ではなく、太ももの方向が正しければ、膝下はだらんと垂れ下がっててもいいと思ってました。けど、イン側の足をちゃんと前に出すとシュラウドを挟み込みやすいんですね。これは意外。足をしっかりと前に出すことにより体の重心が今までとずれるので初めは違和感があるかと思いますが、これから練習して対応したいと思います。

最後はフリー走行。スクールでは部分練習なので初めて来たコースをもっと走りたくてうずうずしてました。やっぱり難しいです。ジャンプが多いのもあるけども、最近雨がないので路面はカチカチ、整備したところはフカフカ。すごく練習になりそうです。もっと家から近ければ通いたいんですけどねぇ。

最後はお楽しみの抽選会。実は書き忘れてましたが、スクールの参加賞でなんとラスペネを頂いていたのです。超高級品です。一生買うことはなさそうな一品です。参加賞からこれなんで期待は高まります。
結果から言うと、DirtFreakのスポーツタオルとshiftのパーカーをもらっちゃいました。shiftのパーカー、普通に買ったらむっちゃ高いっす。まじ嬉しいです。

今回のスクールの感想。結構充実していると思います。基本的なことばかりでなく、レベルの高いこともやってくれたのが良かったと思います。ただ時期が時期だけに暑さには参りました。熱中症を起こす人が居なくて良かったです。コース的にはスクールがやりにくいかなぁとは思います。コース幅も狭いですし、アップダウンもあるので。

スクールはどんなレベルの人にも受けてもらいたいですねー。どうすべきか分かってる人は再確認できるし、分からなかった人は知ることができる。知っているからといって実現できているのはまた別で、それを自分より巧い人に見てもらえるのは非常に有意義です。

乗り込むばかりじゃ速くなれませんよー。
関連記事





[ 2010/07/30 23:22 ] 練習 2010年 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。