パーク神戸スクール その2 DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > パーク神戸スクール その2ホーム > 練習 2010年 > パーク神戸スクール その2

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 パーク神戸スクール その2

まず始めは下りきってからの緩やかな左コーナーです。コース全体もそうだけど、路面は固くてラインを外すとすぐに滑りますし、ラフなブレーキ操作ですぐに滑り出します。
この場所では一度もアドバイスもらえず。しかし何度も走ることにより、ブレーキを完全にリリースするより少し引きずったほうが安定することが分かる。走行が終わってからは中村選手からみんなに対し「バイクがふらふらしている場面がある」とのこと。それはバイクを挟み込めてないからで、アウト側の足はもちろんイン側の挟み込みも大切とのアドバイスがありました。

次に難しいほうのフープスで、低速で半クラを利用した2個2個のこなしを行いました。僕的に半クラでジャンプを飛ぶというのはモトクロスの中で一番難しいんじゃないかと思ってます。それをフープスで行うのは非常に難しい。
コツなどを教えてもらいましたが、なんとも巧くいかない。はじめの2個は飛距離も合わせれて良い感じなんだけど、その後にリアがトラクションせずに飛距離が出ない。なんでかなぁと思ってたところ、藤木選手から「フロントタイヤが上がりすぎてます。次の2個も綺麗に飛ぶには斜面に合わせないと難しいですよ。」とアドバイスを頂きました。
普段半クラでジャンプをしないので非常に難しかったが、半クラを開放するタイミングを心持早くしてフロントが高く上がらないようにすると次の2個も数回だが綺麗にクリアすることが出来た。けど最後まで2個2個でいけたのは本当に数回だけで非常に難しいです。中村選手も藤木選手もお手本で1発目からむちゃくちゃ綺麗に飛んでいたので、やはりA級はスピードのテクニックだけではないのだなと非常に関心しました。
こういう小さなテクニックだけ出来ても速くは走れないだろうけども、速く走れる人は小さなテクニックも出来るってことですね。逆に言い換えると小さなテクニックを身に着けずに速くも走れないってことでしょうか。

まだ続きます。。。
関連記事





[ 2010/07/29 23:35 ] 練習 2010年 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。