危険がいっぱい in 阪下 DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > 危険がいっぱい in 阪下ホーム > 練習 2009年 > 危険がいっぱい in 阪下

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 危険がいっぱい in 阪下

今日も阪下に行ってきました。阪下に通うのも色々思う訳あってのものなんですよ。

今日はご一緒に塾長。相変わらず金曜の夜中からコース泊みたいです。そして今日は阪下のおっちゃんに5万って言われたようです。今日は安いのね。

コースは全周に渡りブルが入っています。先週危険だったジャンプの飛び出しの石も無くなっています。そして、フープスもちょんちょんに尖っております。なぜ尖らせる。

今日もスタンディングの練習です。しかし、3日連続でジョギングしたのが悪かったのか、今日は体調がイマイチです。恐らく、風邪を引くか引かないかの免疫とウイルスの激しいせめぎ合いが体内で行われていると思います。なんかこう、体が痛くてだるい。そんな訳で、15分ぐらいしか出来ず。ちぃ君はすごいなぁ。
んで、今日はあまり良い感触は得られず。

んで、2本目からは普通に走ります。今日は暑くて蒸し暑い。けど、先週走ったラインがイマイチだったので、別ラインを探してて、見つけたのでちょっと嬉しくて長い間走れました。

で、今日は塾長の'10KX450Fを乗せてもらいました。軽い!速い!卑怯なほど速いです。
車体は非常にニュートラルな感じで、前に乗せてもらった'08KXFよりかなり良くなっております。サスも柔らかく、ギャップをすんなりこなしてくれます。で、よく曲がる。
エンジンはパワフルで、ギャップの手前でプイッと開けるだけで、ギャップが無かったことになります。これは良い。
ただ、エンストしやすいような気がしました。パスンと簡単に止まってしまうので、タイトコーナーではクラッチを握って走らないといけません。あと、タイヤが滑ってるのかグリップしてるのかが掴み難い。どこからでもツキが良いので、ちょっとラフに開けるとタイヤが空転しているようです。で、「?」と思って開け続けてるとリアが流れ出すので、「ああ、空転してたんだな」ってやっと分かります。これは2st125慣れしちゃってるからかな。それと、慣性が強いのか、アクセルを閉じてもスッと伸びる感じがある。例えば、スタンディングでギャップを超える場合、緩やかに左に曲がってたとして、アクセルを閉じつつギャップで左側のラインを取ろうとしても、アクセルを閉じてもまっすぐ進む力があるのか右側にギャップで飛んでしまいます。
とまぁ、細かいところではこんな感じ。でもやっぱり450は素晴らしいバイクですね。ただ、レースで使ってみないと良く分からないけど… レースで爆裂するような危険性があるバイクはちょっとね…(他人と競ったり、疲れたときの挙動とか色々と)

で、午前の最後に塾長が転倒。高速逆バンクコーナー(ガレガレ付)でこけていたので、心配したけどバイクを起こしていたので安心しました。ここはこけると非常にやばそうなところです。で、アルミのスロットルチューブがおもくそ削れるほどの衝撃だったようです。

で、午後もまたまたジャンプでこけたようです。膝を打ったのか、ひねったのか、水がたまってるような感じで腫れあがっていたので、ちょっと体のダメージも心配ですね。バイクはハンドルストッパーの型がフレームにキッチリと付いてました。怖い。

僕は、今日も転倒は立ちゴケのみ。今日はちょっと何かを掴んだような気がする。いつもより骨盤が立ってて、背筋が伸びて下半身が安定してた。視線も遠くに置けて良かったんだけど、最後の走行では再現せず。路面が綺麗だったからかな?

うーん、もっとがんばろ。
関連記事





[ 2009/08/29 20:36 ] 練習 2009年 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。