キムチ DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > キムチホーム > 雑文 > キムチ

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 キムチ

2,3年ほど前に、家のポストに手作りっぽい広告が入っていました。
それは、キムチの販売を開始しましたというような内容でした。
場所は、家からそう遠くない住宅地。僕の小学校、中学校の校区内であり、何度も通ったことのあるところで大体の場所は分かりました。
たしか車が一台通れるのがやっとの、ものすごく細い路地です。

「こんなところでキムチの販売をしているのか」という驚きと、キムチが好きなので、「一度買ってみようか」という気持ちになりました。
(珍しい、たこキムチもあったので)

で、行ってみるとやはり20年以上前の記憶通り、細い路地の中にあり、家を少し改造した感じのお店で売っていました。
車を置くスペースも無く、自転車かバイクでしか買いにこれないようなところです。
話しを聞くと、ここの家の奥さんが韓国人であること、この場所で作っていることを教えてくれました。

で、購入したキムチを帰宅後に食べたんだけど、それが美味しいこと美味しいこと。
それからちょくちょく買いに行っておりました。

それからほどなく、買いに行ってもお店が閉まっていることが多くなりました。
お店自体は閉めてる感じではなく、留守のようです。で、電話をして確認すると、配達に行っていてお店を閉めていることが多いと教えてもらいました。

僕の住んでいるところは昔からの高級住宅街です。(僕の家は閑静な住宅街に佇む小さくみすぼらしい家ですがw)
百貨店に買い物に行ったら、店員さんに別室を案内してもらって買い物をするってなことが昔はあったようです。
今でも高級な魚屋さんにお造りを作ってもらって、配達してもらうお宅も多いようです。

そういった地域ですので、「ああ、ここらの人に気に入られて配達させられているんだな」と思いました。
と同時に「やっぱ、美味しいんだな」と確信した次第です。

で、今年に入って、お店が移転しました。
なんと県庁に一番近いバス停のまん前です。和歌山なんで集客数は知れてますが、それでも大栄転であることは間違いなさそう。
前のお店はキムチ作りのみに作り変え、販売は新しい店舗で行っているようです。

味は確かなんで、「お、こんなところにキムチ屋がある」と思って買った人のリピ率は高いと思います。
その証拠に、嫁様の会社の人もかなりはまってしまっているようです。(豆板醤もあって、冷奴につけて食べたら美味しいと教えてくれた)

商売って分からないものですね。売れる要素があっても、世間に知られることなく終わる事業もあれば、こうやって発展していくケースもある。
僕はお金持ちになるためには、常にお金のことを考えてなきゃいけないと思います。
ただ漠然と「お金が欲しい」とだけしか考えてない人にはチャンスがチャンスと見えない、見逃す。
四六時中お金のことだけを考え、アイデアを実行する勇気があること、それが重要かと思います。
(人生の何でも、目標を達成する術に当てはまると思うけど)

3年前、韓国人の奥さんは何を思い、何を感じていたのか。僕には知る由もないけど、尊敬に値することですね。
関連記事





[ 2009/07/29 11:49 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。