JOTF:ブレーキング DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > JOTF:ブレーキングホーム > JOTF > JOTF:ブレーキング

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 JOTF:ブレーキング

■ブレーキング
コーナーの形状などにより細かいことは書けないが、いくつかのポイントがある。

まず、減速はフロントブレーキで行い、車体の安定はリアブレーキが担うということを忘れないように。

以下、コンディションのいい路面でのハードブレーキングのポイント。
フォームとしては腰を引くのだが、骨盤を立てることが重要。お尻を突き出し、腰を反らすフォームで膝を伸ばすと太ももの裏の筋が伸びる感覚があるが、その状態を作り出す。
お尻はシートからそれほど離さず、低く。胸の位置を低く。(胸の位置を低くすることにより、背骨が水平近くなり、頭の位置もコーナリングフォーム移行時も変わることがない)
荷重はリア寄りにする。リア寄りにする理由としては減速Gに耐えるというより、よりフロントフォークに仕事をさせるという意味合いが強い。
重要なポイントとして、足首を伸ばす。減速Gに耐えるべくステップの後ろの角で踏ん張るのはバランスを取るのが難しい。ステップの角だとブーツ底に接地している部分はほぼ棒状の接地面積しかないのでバランスが悪い。足首を伸ばすことにより、よりステップ全体を足の裏で感じることが重要。コーナリングフォームに移行するのも容易だし、ステップから伝わる路面状況(バイクの挙動)が掴みやすい。

また、くるぶしをフレームに密着させることは絶対に忘れてはいけない。

荒れた路面、ブレーキングギャップがある場合の対処。
基本的に上記と同じだが、フロントブレーキのかけ具合を少なく、フロントフォークにギャップに対しての仕事の分担を増やしてあげる。
フォームとしては、リアの突き上げでシートとお尻が当たるようであれば、もう少しセンター寄りのフォームとする。当たらないのなら上記同様。

ギャップに当たる瞬間、予め力むのではなく、力を抜いてバイクの挙動を邪魔しないようにする。ギャップが酷くてまともにブレーキングできない場合は前後のブレーキを薄っすらかける程度でギャップを越えることにより車速を落とすイメージで良いと思います。(4stだとエンブレをうまく使う)

フロントからの衝撃は腕というより肩甲骨で吸収する。ハンドルが突きあがる→腕を曲げる→肩甲骨が浮き上がる(中央に寄る?)ような感じで、腕だけでなく、背中も使うこと。
そのためには猫背だと絶対にNG。(肩甲骨が後ろに動かない)
骨盤を立てる目的はここにもあります。

上達してくると筋肉痛になる部分も変わってきます。
初心者のころは腕や太ももの前部が筋肉痛になるが、慣れてくると肩甲骨周りとふくらはぎが筋肉痛になります。
関連記事





[ 2008/08/19 10:09 ] JOTF | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。