涼しさを手に入れる ~体を騙すということ~ DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > 涼しさを手に入れる ~体を騙すということ~ホーム > 「涼」を手に入れる > 涼しさを手に入れる ~体を騙すということ~

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 涼しさを手に入れる ~体を騙すということ~

「アイヌの涙」の主原料は判明した。ハッカ油だ。
ハッカ油はAMAZONでも買える。北海道産はちょっと高価だが。(こっちは原料が良いのか極少量なら口に入れても可能らしい)
ドラッグストアにも売ってるようです。(こちらは化学合成か?)

用法用量としては、お風呂でも数滴で涼しさを感じるようです。(キャップ3杯はやりすぎだから、涼しいを通り越して寒く感じるんだと思う)
また、防臭や殺菌効果もあるらしく、もしかしたら色々な使い方が出来るかも。

とりあえず霧吹きのようなものに水溶液を作っておけば、体に直接吹きかけたり、汗で臭くなるタオルなんかにもシュシュ。
土日連荘で練習するときなども、翌日も使いたいウエアなどにシュシュ。
いいんじゃないですか?

問題は匂いのキツさかな。スースーしすぎで不快にならなければいいが。
(エアーサロンパスレベルの匂いだと多用するのに躊躇いますわな)
あと、水溶液の保存はどれぐらい効くかですかね。

あと、注意しないといけないと思うことは、恐ろしく冷却感を得られた場合、それは本当の「体の冷却が行われた」のとは違うということだ。
人間の体は体温が上昇すると汗をかいて、冷却を行う。
しかしながら、体を騙して得られた冷却感により、脳は発汗を止めてしまわないか。実際は体温の上昇が収まったわけではないのに。
まぁ、そこまでの効果が得られるかどうかは不明だが、まめに休息をとり、水分補給は忘れないように注意したい。

近々にハッカ油を入手して、レポートしたいと思います。

またまた蛇足。
メントールで感じることの出来る冷却感。これは巷で人気の「おでこに貼って冷たく感じる湿布のようなもの」も、この原理です。
(冷○ピタとか熱冷ま○ートとかね)
なので、熱を冷ます効果は一切在りません。はい、一切ありません。
ゲル状のものが熱を吸収し、排熱することはあるでしょうが、濡らしたガーゼの方が断然排熱効果があります。
この商品の使い方は「冷却感を得られるために頭がスッキリする」というだけです。
よって、熱が出て頭がクラクラして寝てられないとか、ヒンヤリ感で集中したいときに使用するものです。
もともと、熱が出るということは体内にウイルスが入り込んでいるのを殺すために自発的に体温が上昇するわけなので、その発熱を止めることは良くないのです。
40度以上の発熱は熱痙攣を引き起こしたりする危険性があるので頓服などで無理やりに抑えたりするが、40度以下なら水分補給と休養で下げるべきです。
関連記事





[ 2008/07/11 13:42 ] 「涼」を手に入れる | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。