三木の真実 DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > 三木の真実ホーム > 雑文 > 三木の真実

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 三木の真実

三木アネックスのパドックの奥の山の斜面に奇妙な扉があるのをご存知だろうか?
扉部分から山の斜面を4mほど、こんもりと土が盛り上がっており、一見縦穴式住居のように扉の向こうには空間がありそうである。

扉付近には薪らしき木も散乱していて、「まさか窯ではあるまい。」と思っていたが、実は窯らしい。(HSF監督さまより)
少し調べたところ、「窖窯(あながま)」と言い、山の斜面を利用して作られる窯のようだ。

三木の土は粘土質で酷いと思っていたが、焼き物に使われるほどとは!

非常に良い焼き物が出来るらしいです。
泥まみれのモトクロッサーをそのまま窯に入れれば、モトクロッサーの焼き物が出来ます。オブジェにどうぞ。
(モトクロスコースをやっている傍ら、こういう地域貢献もしてるんですよという一環で窯があるらしいです)

次回の近畿選手権の参加賞は地元住民が三木の土で作った焼き物です。(嘘)


という洒落を考え付いたんだけど、嫁様が出産のために入院していた産婦人科の院長が焼き物が趣味で、退院時に花瓶をもらったのを思い出した。
それはもう重くて、人を殺せそうである。
よく、サスペンス番組で犯人がついかっとなって手に取った花瓶で後頭部を殴って殺してしまうということがあるが、「そんな簡単に人が死ぬか?」と思える場面でも、この花瓶なら「これなら死ぬかもな」と思えるほど。

色はうんこ色。底は白いので、わざわざうんこ色を塗ったんだろう。
形は小学生の夏休みの紙粘土の工作のようである。素人目にみても絶句するような。
たぶん轆轤とか使用してない。使用してて、この厚みは無いと思う。
つーか、焼くな。焼く前に「これは無いな」と分かるだろう。しかも他人に譲渡するな。

いちおうまだ家にあります。燃えるごみで捨てていいものか悩むし、一応出産祝いだからか?
関連記事





[ 2008/06/04 14:32 ] 雑文 | TB(0) | CM(2)
じゅにあ氏の文章はいつも冴えてますね つぼです
[ 2008/06/05 16:40 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
出来る限り「読んで時間の無駄だった」と思われないようにがんばりますので、よろしくお願いします!
[ 2008/06/05 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。