初MRI DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 初MRI

昨日、膝のMR撮影をしてきました。

先日、いつもの整形外科に行ったとき。
僕「湿布切れたからくれ」
先生「まだ痛みはあるのか?」
僕「あるに決まってるだろ!寝るときも足の居場所を考えないと痛くて寝れん!」
先生「じゃあ、MRIな。」
とのやりとりがありまして。

MRIの装置はその病院には無いので、紹介状を書いてもらい別の病院へ。

少し変なしゃべり方をする怪しい医者(人に対して斜めに立ち、顔を絶対に見ない。メガネを頻繁に触る)から説明を受け、MRI室へ。
20分ほどじっとしていないといけない。

MRIの装置というと、大きく口を開いたような丸い機械を思い浮かべ、寝そべって、その中へ吸い込まれるのを想像すると思う。
けど、今回は膝のみなので、上半身だけ機械に入った状態で撮影です。

MRIは強力な磁場を発生して撮影する方法で、撮影中は大きな音が出ます。
「グワングワングワン」とか「ゴゴゴゴゴ」とか「ビビビビビ」とか色々な種類の音が周期的に変わりながら響き渡る。
その音がいかにも作り物っぽく、「ほんまはこんな音出さんでも撮影できるやろ!」と思ってしまうと、可笑しくて可笑しくて必死に笑いを堪えてました。
そんな思いもすぐに消え、横になってるので、やはり睡魔が襲ってきました。
「やべえ、寝てしまう」と思ったときぐらいにちょうど終了。助かった。

膝の靭帯って何本かあるんだけど、痛いと思っていた内側の靭帯と、関節の中にある靭帯が痛んでいるとのこと。
それに膝の外側にある骨に異変が見られたんだけど、「痛くないのなら大丈夫なんでしょう(笑)」とのこと。

「しばらく安静にしてたらOK」と言われ、MRIのフィルムをもらいました。これをもってまた整形外科に行かなくてはならない。

まぁ、一安心というところですかね。安心を買った気分。
バイク乗るときはニーブレースしてるし、足で走り回るわけじゃないから、適当に今週か来週ぐらいに走り出します。
関連記事





[ 2008/04/03 13:05 ] 雑文 | TB(0) | CM(2)
私も中3のとき、ヘルニアになり、MRIに幾度も入りましたが、
あの「ゴゴゴゴゴ」、「ガッガッガッガッ」という音が苦手だった。
腰撮影なので、全身入るし、狭いわうるさいわで嫌いでした。
でも、変なクラッシックみたいな音楽が流れていたので、毎回寝付くことに成功してたなぁ。

大丈夫そうでひと安心やねv-218
[ 2008/04/03 17:15 ] [ 編集 ]
中3でヘルニアとは中々苦労したんですね・・・
僕の場合、ヘッドフォンみたいなのを付けさせられたけど、何も音はしなかったです。
たぶん、射撃とかで使うやつかな?アメリカ映画で、ブロンドの髪のグラマラスな警官が射撃場で何発か撃ったあとに、髪を振りながら外す奴。

寝てもいいとは知らなかった!
ベッドから落ちてもやばいし、終わったときに医者に「ねるなー!」と怒られそうだったので、かなり我慢してたです。
[ 2008/04/03 23:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。