馬鹿すぎる! DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > 馬鹿すぎる!ホーム > 練習 2008年 > 馬鹿すぎる!

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 馬鹿すぎる!

土曜は下市に練習に行ってきました。
日曜にDAKKO杯で下市を貸切するので、そのままコース泊の予定です。

体がまだ痛いので、様子見で走ろうと思ってたんだけど、数周走るだけでギャップで痛みに耐えられずにピットに撤収。iwate塾長に痛み止めの薬をいただきました。ありがとうございます。

その後、コースを走らずにオーバルの練習。
2度開けの癖をなくしたいのと、キッチリ全開にする練習をやってたら、どんどん轍が出来てきて、えらい深さでギャップがあるコーナーに成長。
するとuedaさんがやってきて、轍にあるギャップをスムーズにクリアする方法を教えていただきました。
僕の開け始めているポイントより少し早めにクラッチを繋いで、轍は見ずにそのままアクセルONすると、フロントが浮くのでギャップにひっかからずにクリアできる。
これは勉強になります。開け始めるポイントが早くなることで、ラッツコーナーやボウルコーナーの役に立つはずです。

30分近く走ったので、少し休憩を入れてから、逆周りに挑戦。
逆周りだと立ち上がりの部分の路面が固いので、轍が出来ないけど、結構練習になった。
そして、そのままコースインして2周目。フープス奥のコーナーから竹やぶコーナーまでのダブルダブルテーブルの最後のテーブルで着地地点のギャップにモロにフロントから落ちて大前転。
ここはウッドチップがなかなかはけないのでいつも荒れ気味で、僕はいつも左側ぎりぎりを狙って着地しているのだが、あまり人が走らない為か、湿ったままの深いギャップがあったようだ。
結構スピードも乗ってるので、次の竹やぶの右コーナーのバンクの上まで吹っ飛びました。

バンクに顔からぶつかる衝撃と、バイクとバンクに挟まれる衝撃。またしても息が出来ずに立ち上がれない。

左足の太ももが熱い。もしや大腿骨か?ポッキーノート?
と思ったけど、足首は動くし、暫くしたら歩けたので一安心。

ピットに戻ると「またジャージにタイヤの痕が綺麗についてますよ!!」と言われる。
見てみると魚拓のように綺麗にタイヤの痕が。2周連続でジャージにタイヤの痕をつける馬鹿はそうそう居るまい。
しかも2度目は自分のバイクに轢かれるとは…

バイクの被害はプロテーパーバーのみでした。太ももにハンドルのアザがあるので、ここで曲げたと思います。
僕の大腿骨はプロテーパーより固いことが証明されました。

ハンドルもiwate塾長に借りて、フォークのねじれやフロントブレーキのエア噛みなどをuedaさんに直してもらい、その後は少し走りましたが、足が攣りそうになったので、無理せずに終了しました。
日曜に走るつもりだったから、一応走れるか確認したかったので。

そのままコース泊する僕に付き合わす形で、iwate塾長と風呂に行き、食材を買って焼肉をしました。

ニーブレースを取ってから気付いたんだけど、左膝がヤバそうです。
内足加重にすると膝の内側の筋に激痛が走ります。歩くのも気をつけないと、一歩ごとに関節技を極められてるような痛みがします。
左足の太ももとふくらはぎは腫れているけど、打ち身かなぁという程度。かなり付け根のほうまで青アザが出来ているので、もう少しで大事なところに当たるとこでした…
もし大事なところを打ってたと思うとゾッとします。たぶん泡吹いて天国に召されていたと思います。
(それを嫁様に言ったら「あ、大丈夫。探さな分からへんぐらいだから、直撃は無い」と言われました…)

とにかく腹の立つ転倒でした。どうしてこんなところで?という気持ちや、怪我してるから様子見と思っていたのにという気持ち、そして2週連続でコースにうずくまる馬鹿さ加減にご立腹でした。

その夜は寝返りするごとに、先週の痛みと本日の痛みで目が覚めて、なかなか熟睡できずに、再度痛み止めを飲みました。


モトクロスは危険よ!
関連記事





[ 2008/03/23 23:14 ] 練習 2008年 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。