テーブルクロスデカール作成 その4 DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > テーブルクロスデカール作成 その4ホーム > 自作ゼッケンデカール > テーブルクロスデカール作成 その4

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 テーブルクロスデカール作成 その4

ちなみに写真が無いです。作るのに精一杯で。

缶スプレーでのベース色の塗装が終わったらマスキングテープを剥がしましょう。注意するのはゼッケンが剥がれてしまわないことと、塗装面との境の部分を剥がす時にゆっくりと剥がす事です。ここまで順調に行けば問題ないと思います。

その後、再度ダンボールに貼り付けて、マスキングしていたところを缶スプレーで塗装します。塗装部分が小さいから丸まらないだろうと安心してはいけません。ちなみにマスキングしていたところをスプレーして、裏面から見て、先に塗装した部分が滲んでいたり、色が変わってしまうのは先にスプレーしたところの重ね塗りが弱かったからです。気に入らないのなら最初からやり直し!

ちゃんと塗装できたらしっかり乾燥させましょう。1日以上置いておいたほうが無難です。なんせテーブルクロスに缶スプレーはちゃんと塗装が乗ってるのかは不明ですから。

指で押さえて指紋が付く位ならOKなのかな?次は両面テープを貼り付けます。
ここは両面テープが隙間無く、重ならないように貼っていけばOKです。台紙が固めなので比較的簡単だと思います。短いのを何枚も貼るよりも、長いのを少数貼るほうが楽なので、貼る方向を決めましょう。

後は、テーブルクロスからはみ出している両面テープを綺麗に切り取れば完成です。市販のデカールと同じように貼ればOK。

ちなみに、2007年8月に装着した我がテーブルクロスデカールは2008年1月でも綺麗で、剥がれてくるような気配もありません。業務用の両面テープはかなり強力なようです。高圧洗車機で飛ばされてしまったステッカーなども、上記のように両面テープを使用して再度貼り付けると取れません。

いかがだったでしょうか?何となく作れる気がしましたでしょうか。
乾燥の時間が必要なので、最低でも1日以上かかるでしょう。面倒くさいのはフロントとサイドゼッケンの3枚を作成しないといけないことですね。
これを読んで、デカール屋さんが3枚セットで1万5千円ぐらいで発売しているのは安いと思ったでしょうww
そりゃあ、デカール屋さんはデザインも専用のプリンターもあるので、簡単に作れる。それを考えると1万5千円は高いと思うかもしれません。けど、自分で作るとなるととても手間がかかるのです。デカール屋さんにないオリジナルのかっこいいのを自作したい!と思えばもっと手間と時間がかかりますし、失敗の可能性も高くなることをお忘れなく。
関連記事





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。