超久々生駒 DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > 超久々生駒ホーム > 練習 2011年 > 超久々生駒

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 超久々生駒

土曜はRP生駒に行ってきました。わたくしのブログによると2008年12月に1年ぶりに営業再開と書かれています。
営業再開から一度も行ってないので、実に4年以上ぶりの生駒となりました。

本当は国際ライセンス保持者は走行できないのですが、玉森さんにクランクの慣らしということとむちゃくちゃしないという約束のもと、走行させて頂けることに。
まぁ、元A級やB級で僕より断然速い人達も走りに来てる状況なので、あまり気にはしていないのは事実ですが、自分のボーダーラインを正しいと決め付けることは危険なので、一応先にお断りをさせてもらいました。

初めて走るRP生駒は逆回りになり、長さも2/3ぐらいになってました。コース幅も狭いです。
ジャンプはそこそこの数があります。ダブルの形状も多いですが、フルサイズなら引っかかっても全然大丈夫。シングルジャンプ手前が荒れて、踏切前にリアが跳ね上げられると危ないところが2箇所ほど。あと、コーナー立ち上がりに下りながらの小さなダブルがあるのだが、1つ目が非常に薄いジャンプなので早めにコーナーでアクセルを開けて立ち上がりたいところだが、踏切前にアクセルを開けすぎてリアが振られてしまうとサスが抜けて飛距離が出なくて次の山に振られたリアが引っかかってお釣りをもらうところが1箇所。
危なそうなところはそんなところかな。まぁ、目の前で転倒されると避けきれる自信はあまりありません。そのぐらいダイナミックなコース設定な割にコース幅が狭いってことで。

コースはこんな感じ。そして今回、腰下O/Hまで手術が及んだCRF250。miyaさんに完璧に直して頂きました。
午前中は慣らしでアクセルは1/3ぐらいまでしか開けないように。エンジンからのメカノイズが明らかに小さくなってます。細かいコース設定、1ヶ月ぶりの走行での高揚感、慣らしということで無理をしていないこと、それらが重なって恐らく小一時間ぐらい走り続けてました。走り終わると激しい嘔吐感。いやぁ、まじでmiyaさんとやっちゃんの前で吐くかと思いましたよ。

1ヶ月まえと比べると恐らく15度ぐらい気温が違います。普段なら毎週のようにバイクに乗り、自然と気温の変化に体が徐々に適応していくのですが、一気に変わると体が付いてきません。むちゃくちゃへばりました。
それに何もしなかった1ヶ月で筋力も相当落ちたようで、午前中だけで膝はガクガク、太ももプルプルでした。こんなにブーツが重いと思ったのは久々です。

午後からは普通に走りました。トルクが出てます。オーバーレブに入るまでの時間が少し長くなってる感じだが、しっかり車速は乗っているようです。これこそ4ストって感じです。

狭いコースなので朝1発目が終わってから「もう飽きたわぁ~」って言ってたのに、きっちり最後の走行枠まで走ってしまいました。まぁ西日もないし、快適でしたので。
最後の走行枠、フィニッシュジャンプ後にあるイン側の盛土を走行中、ギャラリーが多いこともあって徐々にコーナリングスピードを上げていってたら、フロントタイヤがバンクを飛び越えちゃって転倒。足が挟まれそうだったので体はスライディングで逃げたので全く無事でしたが、ピットに戻ってバイクを見ると右側ラジエターがペシャリ。丁度飛び越えたバンクの上にラジエターが着地したみたいです。
んで、またまたパンクもしてた。パンクの神様がなかなか離れてくれません…

そんなこんなでCRFは再度miya様にお預かりすることに。申し訳ない。

なんだか最近修理ばかりしてる。気持よく走れるのはいつになることやら…
関連記事





[ 2011/05/22 23:03 ] 練習 2011年 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。