下市でこけまくり DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > スポンサー広告 > 下市でこけまくりホーム > 練習 2011年 > 下市でこけまくり

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 下市でこけまくり

※書いているうちに自分への備忘録になりがちなので書き方が偉そうになってるのはご了承下され。

日曜はいちご狩りに行くのでわざわざ雨上がりの土曜に下市に行ってきました。
金曜は一日雨。土曜も午前中はぱらぱら降っていて、コースはちゅるちゅるです。ただ水溜りは皆無で、そちらのほうが嬉しい。

雨の影響があってか、ライダーの数は非常に少なかったです。フルサイズは僕の他にuedaさんとmorimotoさんのみで、あとはキッズの子供が2台ほどだけ。まぁ、土曜は晴れの予報だったので日曜にベスコンは確実。わざわざ土曜に走りに来る奴もそうそうおらんて。

平日のうちにフロントフォークのO/H、タイヤ新品、オイル交換をしていたので、リフレッシュされて間もないリアサスと腰上なので、マシンは最高の状態です。新車といっても過言ではないはずw
サスペンションセッティングはいろいろとダンパーをいじくってたはずなのにフロントフォークが圧、伸びともに標準に奇跡的に合ってたので、とりあえずリアも標準に戻してみました。

で、本日もオーバルメインで走ります。
コーナーの意識を変えないと、今以上のレベルアップは図れないと思ってのことです。
具体的にはコーナー途中、今よりワンテンポ早くアクセルを開けはじめたい。それで全開じゃなくてもいいからアクセルを開け続けてコーナーを立ち上がりたい。
今までのようにコーナーでフルバンク状態から曲がる動作を完了してバイクが起き上がってからアクセルを開けるようではペースアップはなかなか難しい。加速ギャップの手前で加速しておきたい。

オーバルで自分が思ってるより早くアクセルを開け始めるとむちゃくちゃに難しいことが分かる。
ラフなアクセルワークを行うと一発で横を向く。アクセルだけでコントロールできないパワーの出方は半クラで調整するしかない。
自分のフルバンク状態からアクセルを開けるとどんどんアウトにはらんでしまう(たぶん怖いからバイクを起こしてるんだろう)。つまりアクセルを開けつつコーナーの最後の曲がりに合わせて曲げなきゃいけない。
さらに、フルバンク状態でアクセルを開けるためにはそのときにアクセルを開けても大丈夫なフォームをしておかなければならない(リア加重が大切だと思われる)。

とにかく難しい。今まで出来るだけ突っ込みのスピードを上げて、立ち上がりで辻褄合わせをやっていたことに気付く。
どういったプロセスで実現しようかと考えたとき、立ち上がりでアクセルを開けるというとパワースライドに近いかなと判断。コーナーの途中からアクセルを開けるということはバイクが起き上がろうとする力を押さえ込みつつコーナーの半分をクリアしなきゃいけないこと。つまり加速しながら曲がらなきゃいけない。
僕はこういった走りがすごく苦手です。バイクがコントロール出来ていない状態を嫌い、そういった状態になると途端に腕に力が入って体力が消耗する。それに低身長からか、バイクが一旦ノーコントロール状態に陥ったら立て直せないという恐怖感も。
なのでリアタイヤのスライドをコントロールするのが苦手な人だと思います。
色々御託を並べたが、この日はスライドコントロールしながら立ち上がることを意識しつつ走りました。リアタイヤが滑りすぎてスリップダウンしたり、進入でフロントが逃げて転倒したりと今日だけで10回ぐらいこけた。
最後のほうは自分が最初に思い描いていた走りとはちょっと違うかもしれないけど上手く走れるようになったと思われる。

こけまくって色々とダメなところが分かる。なかなか「こうすれば良いのか!」と気付くことは少ないが、「こうしたらコケる、もしくは破綻する」というのが分かる。

自分のための備忘録。
①コーナリングは自分が思ってるよりか早くし始めなきゃならない。
自分が「あそこで曲がる」と思ってる場所にまっすぐ進入していては、急にバイクを寝かさないといけなくなり、コントロールが難しい。ブレーキを引きずりつつ、シッティングを完了させてイン側の足のかかとをそこに向けながら進入。もちろんバイクは寝かし始めておかなければならない。おもったよりコーナーの始まりを手前と意識しないといけない。
②粗いアクセルワークは厳禁。
いわずもがな。しかし立ち上がりでは大きく開けることを忘れてはいけない。
③不要なハンドル操作をしている。
これは意外な発見。コーナリング中にハンドルを操作するとダメなようだ。イン側に切ろうが逆ハンを切ろうがリアのトラクションが抜ける。さらにハンドルを操作している瞬間にはクラッチやアクセルの操作が適当になってるようだ。常にほぼまっすぐを意識しないといけない。操作が雑になるイン側の手、すなわち右コーナーだとアクセル、左コーナーだとクラッチを特に意識しないとダメで、これが右コーナーと左コーナーの難しさの差になってるかもしれない。意識としてはややイン側の手を押す感じか。
④出した足はすぐにステップに戻す。
これをしないとだらだらとアウトにはらんだり、必要以上にリアタイヤが滑る。これをしないとスライドのコントロールは難しい。
⑤減速から加速への一連の流れを途切れせてはいけない。
バイクを寝かして進入。そのままの状態でアクセルを開け始めること。バイクを起こす動作の前に。意識としてはリアタイヤの一番外のブロックを使うイメージ。
⑥普段よりリア加重を意識する。
コーナリング進入からリア、リア、リア。まったくフロントを抜くわけじゃないが、フロントに体重が乗るとハンドルを操作してしまうし、スライド量がものすごく増える。リアが必要以上に流れても体ごと持っていかれるわけじゃない。

とまぁこんな感じか。最後のほうは泥がはけてレールが出来始めたからかバンク角も深くなってきて早く走れたと思う。
ブレーキング時にバイクがバタバタしていると本当になにも出来なくなる。ここも難しい。

転倒しすぎでレバーに指を挟みまくったので左手の中指がパンパンに腫れてます。
関連記事





[ 2011/04/11 12:54 ] 練習 2011年 | TB(0) | CM(2)
激しいトレーニングをされてるんですね!
[ 2011/04/11 22:29 ] [ 編集 ]
>193さん
大したことないですよ!
こけるのが怖くなりますが(笑)
[ 2011/04/14 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。