Wind Netbook U100 Vogue DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > カテゴリー - Wind Netbook U100 Vogue

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 防具 お勧めマウス

防具はタッチパッドがあります。しかし、お世辞にも使いやすいとは言えません。
ちょっと使うだけならタッチパッドでも良いですが、ネット閲覧などをするときにはマウスが欠かせません。
(ブラウザのマウスゼスチャーを使用する人なら特にそうでしょう。僕もそうです。)

とりあえずマウスを使用するとなると、基本的にはUSBを使用するか、PS2を使うかだと思いますが、防具にはPS2がありません。
その代わりbluetoothが搭載されております。

USBに小さなレシーバーを差し込んでワイヤレスのマウスを使用するのも良いですが、せっかくbluetooth(通称青葉)があるならそれを使いたくなるのは必然です。

しかし、bluetooth対応のマウスは非常に高価であり、一般の大型家電量販店には売っていない。

けれども、通販で、1,980円というのを発見。それにしました。


しかもモバイル用ということでサイズも非常にコンパクトで使いやすいです。



電池は単4電池を2本使用。3週間ほど使用しましたが、まだ交換していません。
青葉も初めて使用してみましたが、悩むことなくマウスを認識し、USBと同じように気軽に使い始められました。

D1000017.jpg

bluetoothの文字がかわいいです。

防具の黒色との相性もいいし、重さも軽すぎず重すぎず、ホイールのクリクリ感もほどよい重さで◎。
かなりお買い得でした!

(小さなUSBレシーバーのマウスは量販店でも4,000円は越えていました。)
スポンサーサイト
[ 2009/04/01 20:58 ] Wind Netbook U100 Vogue | TB(0) | CM(0)

太陽2 防具 最初のカスタム

防具シリーズ第二弾です。

防具は無線LANも内蔵しており、家が無線LAN環境にあるならば、何も買い足さなくてもネットブックをネットに利用できます。
最低限のものは付いているのですが、気に食わない部分があります。

防具所持者の中でも一番の不評と言っていい電源コードです。

P1000029[1]
▲これが付属している電源コードとACアダプター。ACアダプターは小さくて良いのですが、電源ケーブルが異様に太いし、長い。

P1000030[1]
▲理由はこの3ピンと呼ばれるコード。通称ミッキー穴。これは普通のデスクトップとかに使用される電源コードで、コンセント部分にアースが付いてるやつです。見たことある人も多いと思います。差込が三叉のやつではありませんよ。


せっかく持ち歩ける軽量なのに、ACコードが重いのはいただけない。
思い切ってACアダプターは不要!と言えればいいんだけど、それじゃあ3時間ほどしか使用できない。
んで、買ったのが、コレ。

P1000031[1]
▲太さは変わらないけど、長さは20cmです。多くの人は3ピンを2ピンに変換するアダプターを買って、さらに細い電源ケーブルの20cmを使ってるようですが、僕はとりあえずこれで良いかなと思ってこれにしました。アダプターと細いケーブルを買うより安かったし。(800円程度)

これで重い電源ケーブルからおさらばできました。
問題は、外でコンセント確保して使うことがあるのかということかなw
下市なら事務所で使えるね!
[ 2009/03/30 23:33 ] Wind Netbook U100 Vogue | TB(0) | CM(0)

太陽2 防具 外観

初めて買ったネットブック。1ヶ月ほど使用してみて、大変気に入っております。
とりあえず「Wind Netbook U100 Vogue」などというカテゴリを追加してみて、いろいろ情報を発信したいきたいと思います。

この「Wind Netbook U100 Vogue」、Vogueはヴォーグと呼ぶそうで、某巨大掲示板ではヴォーグにちなんで「防具」と呼ばれております。
つーことで、僕も防具と呼ばせていただきます。

P1000006[1]

まずは外観。公称スペックは幅260×奥行き180×高さ19-40(mm)となっております。ちょうどほか弁屋の海苔弁当ぐらいのサイズを想像してもらえればいいかと思いますw
天板はつるつるしており、MSIというロゴが入っています。マイクロソフトとかは全然関係ないです。
つるつるだったら指紋が気になるところでしょうが、僕はあまり気にならないですね。まぁここら辺は人によりけりでしょうか。

P1000017[1]
裏面のねじ穴部分には上の写真のようなシールが貼ってあり、分解しようとするとこのシールを剥がさなければなりません。そして、このシールを剥がすとメーカー保障が効かなくなりますので注意が必要です。
ただ、2.5インチHDDやメモリスロットが開いていること、無線LANの具合があまり宜しくないことがあり、「保障くそ食らえ」な自作好きの人(ジサカー)は気にせず剥がしているようです。
僕はとりあえず保障の切れる1年間は開けないようにしようと思っています。

P1000019[1]
裏面。防具の特徴である6セルバッテリーです。セルはバッテリーの容量です。防具の前機種のWind U100(通称風子)は3セルバッテリーらしいです。
ロワといういろんなデジタル用品のバッテリーを販売しているところでは9セルバッテリーなんかも販売しているようです。
6セルバッテリーで公称駆動時間は4.4時間です。普通に使ったら3時間持たないでしょう。ただ、バッテリー駆動時にダウンクロック(CPUのクロック数を下げて消費電力を抑える機能)できますので、そのときはもうちょっと使えます。
6セルなので、少し背面からはみ出しておりますが、机などに置くとちょうど良い具合に本体が手前に傾いてくれますので特に出っ張りは気になりません。持ち運びの時に少し気になる程度かな。

P1000020[1]
逆から見るとこんな感じ。

P1000022[1]
右側面には、USB、MMC/SD/SDHC/メモリースティック/メモリースティックPRO対応のカードスロット、外部モニタに出力できるD-Sub15ピン、LANコネクタを備えます。
カードスロットはSDカードでも少し頭が出るのがちょっと気になります。まぁ指しっ放し忘れ防止のためには良いかも。

P1000023[1]
左側面はUSBが2口と、ACアダプタの差込口があります。
背面には何もありません。恐らくバッテリーの関係だと思います。

P1000025[1]
人気の電源ボタン。ヒトデのマークが可愛らしい。電源を入れると青色、オーバークロックモード時は橙色、ダウンクロックモード時は黄色にヒトデが変化します。

P1000026[1]
これが不評のキー配列。Fnキーが一番外側にあるのが気に食わない。Fnキーなんてほとんど使わないんだからCtrlキーと場所が変わればいいのに。
一応このキーの入力を強制的に入れ替えるBIOSが有志によって公開されております。「BIOS更新なんて怖くないですよ」って人は入れ替えてみてはどうでしょうか?
僕はチラ見して左手の小指がctrlキーを押しているか確認してタイピングしております。まぁ慣れの問題かな?

P1000027[1]
手前には写真のように動作をしめすランプがずらり。左からbluetooth、無線LAN、スタンバイモード、バッテリー駆動、CapsLock、・・・二つ分からん、一番右はHDDのアクセスランプです。

P1000028[1]
タッチパッド。しばらく使ってたけど、マウスとタッチパッドの差はものすごく大きい。ほんと使ってらんない。Thinkpadの赤いポインティングデバイス(通称赤乳首)はちょっとだけ使いやすい。
けど、マウスのホイール機能って本当にすばらしいわ。考えた人は天才やね。

P1000032[1]
画面解像度は1,024×600。ちなみに家のメインPCの解像度は1,024×768。つーことで違和感なしw
仕事で使ってるノートパソコンは1400×1050。やっぱり1280×1024は欲しいっすね。
意図していなかったが、自分のブログがぴっちり収まってますw

とりあえず見た目はこんな感じです。キーピッチが広いので、余裕でブラインドタッチが出来ます。大きなメリットだと思います。
ちなみに僕は38,000円で買いました。今価格comを見てみると最安値で47,000円ですか。品薄になってきて高くなっているようです。底値で買えたようで純粋に嬉しいです。
[ 2009/03/26 20:31 ] Wind Netbook U100 Vogue | TB(1) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。