レース 2005年 DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > カテゴリー - レース 2005年

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 近畿選手権第十戦 in オートランド生駒

近畿選手権第十戦 in オートランド生駒
編集 | 削除
久々のレースです。 生駒には朝出発で6時ごろ到着。しかしトランポの台数が極端に少ない?実際エントリー数も少なく、全てのクラスで予選無し。つまんない。 ■練習走行 予選が無いので、すごくゆっくりとしたスケジュールで、まるで阪下のエンデューロのようだ。 とりあえず1周目はゆっくり走行。2周目からはゆっくり走ってても仕方ないので、とりあえずダブルは飛ぶ。それ以外はゆっくり走り、走れそうなラインを探す。 コースコンディションは少しフカフカ。 ■NB125 予選が無いのでくじ引きの番号がスタート位置決めの順番。10番をゲット。今回26台が並べるようにかなりスタート位置が後ろで、イン側は極端に1コーナーが見えないし、アウト側は地面が斜めなんで良い所はかなり限られるのだが、その限られた場所を何とか取れた。 しかしスタートが決まらず、1コーナーは後ろから5番ぐらい。1周目の時点で16位。 ここらへんの順位だと、練習したダブルを飛ぶ人が居ない。決定的な抜き所も無く、ダラダラと前の人に付いていってしまう悪い癖が出る。 7分が経過したころまでには数台の転倒者を抜かし、12,3番ぐらいまで回復。上りのコーナーで#04の子がこけていて、もう一つ順位を上げる。 しかし次の周に追い上げて来た、その#04がコーナーで突っ込んできた。気が付いた時にはこけていて、僕のバイクが#04の子のバイクの上に重なっていた。 必死でどかしてエンジンを掛けようとするが、足場が悪く中々エンジンを掛けることが出来ず。終盤でリズムを崩したせいか、動悸と発汗が激しく気分が悪くなる。 #04の子は既に再発進して行ってしまった。 何とかエンジンを掛けて再スタートをするが何かパワーが出ない?転倒後だからおかしく感じるのかと思っているところでフロントブレーキが効かないことに気付く。 左から突っ込まれたのでキャリパーかブレーキホースが破損したのだと思い、危険なのでさっさとリタイヤしてしまった。 ピットに戻って確認するが、一見ブレーキには異常が無い様に見える。しかしブレーキがふにゃふにゃ。?と思っていると、ブレーキローターが曲がったらブレーキが効かなくなるよとtateishiさんから教えられる。 試しにフロントタイヤを回してみると確かに特定の場所でタイヤが止まる。確かにローターが曲がっている。パワーが無いように感じたのもこのせいだろう。原因は分かったが出費が・・・ 修正しようとしたが根元から曲がっていて、直らない。 ■NBオープン もう125をリタイヤした時点で諦めて帰ろうと思っていた。でもNAのkuwabaraさんにCRF450のフロントタイヤをお借りして出場できることに。ありがとうございます。 そしてくじ引きは24番・・・最後だと諦めていたが、僕より悪い番号の人がまだ3人居た。場所はアウト側ながらまぁまぁの位置。 今回もスタートは失敗し、後ろからのレースとなる。またしても前の人を抜けず、6台ぐらいの塊の後ろを走る。行列だ。 そんなこんなで走りのリズムも悪くずるずると後退。いいところは全く無し。順位も確認せずに帰宅の準備をしていたら本当に順位の張り紙が無くなっていた・・・かなすぃ・・・ (MFJのサイトで確認したら7ポイント付いていたので14位だと判明しました) ■総括 今回もいいとこなし。ぶつかったのもあるが、2回とも前の人にただ付いていく走りしか出来ず。これって自分の走りが出来ないので凄く疲れる。 125でそんな走りをしたのだからオープンではもう少し意識を変えて走らなきゃ駄目だ。いつもならあまり腕上がりしない生駒で腕上がりしてるってことは走りが固くなってたのだろう。 リラックスと普段通りの走りを意識することが重要か。まだまだがんばらないといけない。 最近やっと自覚したのだが、僕は本番にすっげ~弱いタイプですな。
by mtx_moto | 2005-09-28 16:49 | レース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dirtlife.exblog.jp/tb/3540606 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
非公開コメント
スポンサーサイト
[ 2005/09/28 16:49 ] レース 2005年 | TB(0) | CM(0)

太陽2 近畿選手権第八戦inウッズ下市 決勝編

近畿選手権第八戦inウッズ下市 決勝編
編集 | 削除
【NB2 決勝】 先ほどのオープンでの予選でクラッチレバーを曲げてしまったが、スペアが見つからず。。。ブレーキは4本ほどスペアがあるのに? レースに出るのにスペアレバーも持っていないとはなんたる失態。とりあえず微妙に曲がっているだけなので、そのまま使用する。しかしハンドルも曲がっている気がする。。。 それではスタート。反応はオープンの予選同様悪く、出だしは最悪。しかしまたしてもイン側を押さえ比較的前のほうでウォッシュボードを走る。砂埃で前が見えない状態で、ハンドルはやはり曲がっていてウォッシュボードの谷にフロントを落としてしまった。「逝った。。。」と思うも、なんとか耐えた。流石モトクロッサー。懐の広さが違う。 とにかくタレぱんだになるのを恐れていたので、意識的に深呼吸をしながら走行。たぶんこの時点で7位ぐらい。 前が詰まっている。しかし後ろから速いバイクが来た。しばらくはブロックしていたが、そのうちに抜かされる。抜かしていったのはmiyamotoさんだった。そのmiyamotoさんが僕の代わりに前のライダーを抜かしにかかっている。僕はそれを少し距離を保ったまま見守る。 この時点での僕の作戦はこうだ。 miyamotoさんが前のライダーにプレッシャーを与える→ミスをする→miyamotoさんが抜かす→僕もごっつぁーん もしくは miyamotoさんが抜かす→抜かれたライダーは精神的ショックを受けアクセル開度20%ダウン→ごっつぁーん という姑息な作戦だ。 しかし前のライダーが思いのほかがんばって走っていたので僕が徐々に離され始めるという予測の出来なかった展開。。。 miyamotoさんが抜かしたころには、おこぼれを頂く距離に居れず。僕の後ろにもライダーが来ているようだ。そのライダーには11位とサインボードが出てる。ってことは僕は現在10位か。 何とか前のライダーを抜きたい。抜いて1桁!と思ったが、真後ろまで詰めたところでチェッカー。トホホ。。。 確実に差が縮まるところがあって1周ごとに詰まってきたのだが、抜かすところまでいけなかったのが悔しい。前のライダーはチキンと同じく#8のライダーさんですわぁ。。。 【総評】 オープンは予選落ちしたのでこれで終わり。 前の下市での近畿選手権よりかはマシな走りが出来たと思う。 しかし。。。うーん。。。もう少し何かを変えたい。 全体的なスピードアップ?後半のスピード持続?パッシングテク?明確なものは分からないけど、何かが変われば全てに影響する気がする。そんな気がする。
by mtx_moto | 2005-08-09 23:42 | レース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dirtlife.exblog.jp/tb/3274912 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
非公開コメント
[ 2005/08/09 23:42 ] レース 2005年 | TB(0) | CM(0)

太陽2 近畿選手権第八戦inウッズ下市

近畿選手権第八戦inウッズ下市
編集 | 削除
{さぁ、やっとこさ7/24のレースですよ!} 【前日(23日)】 タイヤ交換、オイル交換を済ませ夜中に下市へ出発。道はもっと空いてるかと思ったが、案外混んでいた。コースには23時ごろ到着。今回もiwateさんが場所を取ってくれていた。ありがとうございます。家で入浴は済ませていたので、そのままバイクを下ろして就寝。しかし、暑さのため、中々寝れず。結局4時ぐらいまで起きてるのか寝てるのか分からない状態で、凄く疲れた。朝の出発は疲れるからって前日にコースに到着したのに逆効果だ。 【レース当日(24日)】 天気は良好。気温が上がりそうだ。コースを歩くと凄い量のウッドチップ。散水も昨日のうちからやっていたらしく、いい感じにぬたっている。 【練習走行】 今回も練習走行はゆっくり走ろうと決め込んでいた。コースの下見の時点で、ビッグダブル手前の左コーナーのイン側に土が盛り上げているのを確認していた。イン側ぎりぎりを走るのだったら、そこを走らないといけないので、練習走行では必ず一度は走っておかなければいけないと思っていた。そして2周目にチャレンジしたのだが、慎重にいきすぎてエンスト。朝一でなかなかエンジンがかからず、みんなの1周遅れで再スタートできた。そこで少々焦ってしまい、ゆっくり走ろうと思っていたが、結構攻めて走ってしまった。しかし、それほどつかれはしなかったのでマル。このときもブレストガードを装着せず。 【NB2予選】 くじ引きはなんと2番!すごいぞ!真ん中少々外よりをチョイス。で、スタートはまたしてもホールショット。イン側に寄せてインを回ろうと思ったが、止まりきれないと判断してアウトに行った。これが中途半端だったので、その隙にイン側から並びかけられて順位を落とす。1周目は3位ぐらいで帰ってこれた。で、iwateさんに抜かれたりして結局は6位でチェッカー。まずまず。 このときにもブレストガードをせずに走ったけど、周りを見てみると9割ぐらいのライダーがブレストガードを装着している。やっぱり次からは装着しようと考えを改めなおす。 【NBオープン予選】 くじ引きは15番。先ほどとは違いイン側に場所を取らざるえなかった。スタートでは思いのほかリアタイヤがグリップし、出だしでフロントアップしてしまった。そんなときは一瞬クラッチを切ってアクセルは全開のまま!なんて冷静に出来るわけでもなく、完全に出遅れる。落ち着いてみんながアウトに流れていくのをイン側でぐっと我慢。そしたらイン側が徐々に開き始め、ウォッシュボードでアウト側にいたライダーがはっちゃけているのを横目に走り抜けると1周目の順位は5番ぐらいまで回復。YES! 前はhiranoさん。後ろもかなり詰まっていて、やるかやられるかっていう殺伐な状況。ビックテーブル手前の左コーナー(練習走行でエンストしたところ)でhiranoさんはインに行ったので僕はアウトへ。立ち上がりのラインに後ろのライダーがインからアウトに寄ってきたので避けきれずに激しく接触。コース外に飛び出てしまった。 痛みでうずくまっているときに思ったことは 「やっぱりブレストガードは必要だ・・・」 ってこと。 それから起き上がろうとしたのだが、体が動かない。痛みはそれほどないのだが、起き上がれないのだ。「やばい、脊髄でもやって体が動かないのか?」と思ったが、何かが頭(ヘルメット)にひっかかっているような感触が。「大丈夫かぁ~!」との掛け声とともに駆け寄ってきたオフィシャルの方に「ヘルメットに何か引っかかってません?」と聞くと、やっぱり引っかかってたみたい。取ってもらうと無事に立ち上がることが出来た。 この日は暑い日だったので、熱中症対応のためにMFJからオフィシャルの方が2人ほど来ていたようで、駆け寄ってくれた人はその中の1人のようだった。 かなり激しく転倒したようだったので、心配してくれて、 「大丈夫か?こけたん覚えてるか?」いや、覚えてますがな。 両手を差し出して「握ってみろ!」って言ってきたので結構強く握り返しました。「ヨシ!」なんて言われて、自分のバイクを見てみると斜面で逆さになってました。 その時点でもう周遅れだったので、復帰は諦めてバイクを下ろしてもらい、予選が終わってから帰りました。 いいポジションにいながら無理に前を抜こうとして全てを失った。まぁ、それはそれでOKだと思う。 終わったあと、聞いた話しだが、ぶつかったのはiwateさんだったみたい。iwateさんは僕とぶつかったときに転倒したけど、何とか予選通過ラインまで復帰したみたい。よかった。共倒れにはならなかったのでよかった。 {いつかにつづく}
by mtx_moto | 2005-08-07 23:35 | レース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dirtlife.exblog.jp/tb/3262828 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
非公開コメント
[ 2005/08/07 23:35 ] レース 2005年 | TB(0) | CM(0)

太陽2 近畿選手権第一戦inチキンランド

近畿選手権第一戦inチキンランド
編集 | 削除
【29日】 夜10時ごろ出発。高速を使い1時ごろにコース到着。 何とか自力でコースに到達できた。ピットはiwate塾長が上の屋根のあるところを取ってくれていました!ありがとうございます! まだ29日は金曜なのにそこ以外開いてないらしい。場所取りが激しい。 泊まらないのなら場所取りはしないで欲しい。 ほのかに鶏臭い。 この日は僕ら以外の宿泊者は居なかった。 【30日】 本日は1時まで練習できる。半日だから半額の1500円で走らせてくれた!嬉しい。大変感謝である。 先週負傷した肩は病院に行ってレントゲンを撮って貰ったが、特に異常は無い。しかしまだまだ痛かった。 1週間シップを張り続けたので少しはマシになってたかと思ったが、逆に先週の練習のときより痛い。コースのほうもギャップが激しくてマトモに走れず。 3周走っては休憩を何度かして終わり。かなり不安が残る。ギャップは綺麗にしておいて欲しいと心から願う。 午後からはタイヤ交換を行う。その後、お風呂と晩御飯に食べに行く。 お風呂は事前にiタウンページで調べていて、スーパー銭湯かと思っていたお風呂がめっちゃ小さな町の銭湯だった・・・前の道も狭くて路地って感じ。ほんとiwate塾長には申し訳ない。 言い訳をさせてもらうと、お風呂で電気風呂や打たせ湯、薬湯など色々なお風呂があるって書いていたので大きなお風呂なんだろうと勘違いしていたのだ。実際にはそれらのお風呂があったけど、1人もしくは2人ぐらいしか入れないお風呂が固まってる感じだった。 【1日(レース当日)】 やっと寒さもゆるくなり、すがすがしい朝を迎えることが出来た。やっぱ寒いのは嫌だ。 昨日の夕方や夜中(笑)にコースを見たが、ギャップは消えていない。かなりほったらかし。その代わり下のセクションが掘り起こされていた。 あまりにも昨日肩が痛かったので、iwate塾長が痛み止めをくれた。ロキソニンってやつだったかな?痛み止めなんて飲んだことなかったので効果は半信半疑だった。 【練習走行】 チキンでの練習走行は変わっている。1周目のみ、スタートして第一ジャンプをエスケープするレイアウトなので、スタート練習だけ5分やらしてくれる。まぁ、スタート練習なんて本番じゃないと気分が乗らないのでラインだけ確認する。 その後は普通の練習走行。レースペースで走らないとラインとか分かりずらいのでいつもそれなりに飛ばすのだが、今日は練習走行の時間が長い!もうヘトヘトになってしまい、腕もパンパンになってしまった。しかし肩の痛みはまったくといっていいほど無い!治ったのかと勘違いするほど絶好調である。すばらしい痛み止め!出来るなら腕上がりも止めて欲しいぞ! 【NB2予選】 くじ引きは14番。イン側から埋るのでアウト側になってしまった。 スタートの飛び出しはイマイチだったが、エスケープゾーンで土手を走り、前の方に残れた。が、次のコーナーでアウト側しか行けず、次のコーナーでも押し出され中盤ぐらいまで落ちた。結局前のバイクを抜かすことができず10位で予選通過。悔しいなぁ。 【NBオープン予選】 くじ引きは4番!かなりいい。先ほどのスタートでもまれたので次はイン側をチョイス。スタート前のボードを持つ人が今度は子供。5秒前のボードを出してすぐに逃げたので、何人かそれにつられてフライングしたのが見えた。ので、旗を振ったあとにすぐに赤旗が振られた。皆走り去っていったが、僕ともう1台だけはほとんどスタートせず。結局はやり直しだったが、今考えるとちゃんと走らないとダメだなぁ。赤旗じゃなけりゃ予選落ちだよ。 気を取り直して次のスタート。今度はいい反応!目の前は誰も居ない。ホールショットだ! 3コーナーまでは1位を走行していたが、すぐに04番の子に抜かれ2位。その後も追い下げ、結局6位でフィニッシュ。まぁこんなもんでしょ。最近予選ではホールショット率が高い。 しかし、二つの予選でかなり腕が上がってしまった。またしてもか・・・ 【NB2決勝】 予選の結果が悪かったのでかなりイン側寄りしか開いてなかった。スタートの飛び出しはイマイチ。14位ぐらいで1周目を通過。その後も硬い走りですぐに腕上がり。追い上げも出来ず、ただズルズルと順位が落ちるばかり・・・結局20位ぐらいまで落ちてフィニッシュ。最悪だ。かなり落ち込んだ。レースに出てる意味はあるのか悩んでしまった。 【NBオープン決勝】 予選の順位がまぁまぁだったので、中央ややイン側寄りを取れた。スタートはまずまずよく6位ぐらい。前の決勝から時間があいたので少し腕は治っていた。それよりもNB2のレースがあまりにも悪かったので、意識を変えてみたのだが、これが当たりでレース中盤まで7位ぐらいを保持。レース序盤から前には速い人が走っていて、離されずにいたのでまぁまぁのペースで走れていたのだと思っていたが、徐々に後ろに詰められ次々に抜かれる。後で聞いた話で前を走っていた人もたれていたらしい。同じように僕もたれていたんだなぁ。結局他の人に抜かれてからは走りがまた硬くなり腕上がり。最後はiwate塾長にも抜かれ14位。 【総評】 予選は両方ともいい感じだったと思う。転倒もなかったし、ホールショットも取れた。でもNB2の予選はもうちょっと追い上げたいところ。決勝は結局両方とも悪かったが、中身は全然違った。NB2は本当に最悪だったし、今後に繋がる走りでもなかった。しかしオープンの方は中盤までいいところを走ってたし、あの走りがゴールまで続けば音量測定も夢ではない?! ここ2戦の不甲斐無い走りで昇格はどこか宇宙の彼方に飛んでいってしまったが、もっと良い成績を残せれるよう、レースを思い出して練習に励みたい。 オープンで意識を変えたと書いたが、ほんと少し走り方を変えただけ。アクセルを開けるときに体がしゃちほこばって硬くなってギャップもしんどいんだろうと予想。アクセル開けるのなんて手首をひねるだけ。それだけの行動に体全体の力を込める必要な無いと意識を変えただけです。ただそれだけで楽に走ることが出来た。レースになったら忘れるんですよねぇ。普段から意識しないとダメですな。
by mtx_moto | 2005-05-01 19:10 | レース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dirtlife.exblog.jp/tb/2669728 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
非公開コメント
[ 2005/05/01 19:10 ] レース 2005年 | TB(0) | CM(0)

太陽2 近畿選手権第三戦in下市 当日

近畿選手権第三戦in下市 当日
編集 | 削除
もう時間が開き過ぎて、忘れてしまったことが多い・・・しかも最悪なレースだったし・・・しかし今後の反省のためにも思い出そう。 【下見】 特に大きな変更箇所は見受けられず。一点だけ、逆バンク後のトリプル手前のコーナーのイン側にへんてこな穴ぼこが出来ていて、その土が盛り上げられていた。意味はあまり分からない。着替えるときにニーブレースを忘れていることに気付く。iwateさんがニーシンガードを貸してくれたので、なんとか走れることに。ありがとうございます。 【練習走行】 やはり皆もウォッシュボードに苦戦しているようだ。朝一の走行なので、ギャップも無く走りやすい。しかし、走りが硬いのかすごく腕上がりをしてしまった。最後らへんは流して走る。10分がすごく長く感じた。 【NB2予選】 くじ引きはまた運良く5番ぐらいだったと思う。しかし、スタート悪く1周目は10番ぐらい。その後、誰も抜かすことなく10番で予選終わり。レース展開はもう忘れた。ここでも腕上がりに苦しむ。 【NBオープン予選】 ここではくじ引きが悪く、スタート位置はアウト側になってしまう。しかし、飛び出しはよく、1周目は6番ぐらいだったかな。その後、1台ぐらいに抜かれて7番でフィニッシュ。もう腕は限界だ・・・ 【NB2決勝】 2つの予選のすぐ後にNB2の決勝だ。腕上がりは治るどころか既に限界に近い。スタートも悪く、塊の中で1コーナーに突っ込む。その後、2台ほど前のバイクが転倒し、前のバイクがそれに突っ込む。僕もよけきれず前のバイクに突っ込んだ。フロントタイヤが前のバイクに突っ込んでいて中々抜けず大幅に出遅れる。前を確認すると半周ぐらい遅れているようだ。なんとかがんばって3周ぐらい走るとやっと前が見えてきたが、ここでもうすでに腕が限界を超えていた。ウォッシュボードでは振られまくり、ここからはツーリング状態で追い上げがきかずフィニッシュ。順位は20番ぐらいだったかな・・・ 【NBオープン決勝】 NB2決勝から3時間ほど時間があいたので幾分腕上がりは治っていた。スタートはまたまた悪く中盤より下。前を走るバイクを抜こうとしたが、思いのほかコーナーへのつっこみが遅くフルブレーキングした際にエンストしてしまった。その間にCRM80を駆るhirataさんにも抜かれ、腕上がりも再発。グダグダのままフィニッシュとなってしまった。。。順位は20番ぐらい。 【総評】 レース結果は最悪である。苦手だとはいえ、ホームコースの下市でもっといいところを走らないとダメだ。出遅れたとしても、iwateさんはものすごく追い上げしてたし、そういった走りが出来ないと確実に上位に組み込めないぞ。しかし、ここんとこ腕上がりなんてしなかったのにここにきてイキナリ激しい腕上がりには参った。特に緊張してた訳でもないし、コースの荒れ具合も普段とそれほど変わらないぐらいだったし。腕上がりの原因として考えられるのは、いつものニーブレースじゃなかったので、足の踏ん張りやニーグリップが良くなかったのと、前日にいきなりのシートあんこ抜きを決行してしまったことか。まぁ、そんなことよりも納得のいく走りが出来なかったので凄く悔しい。もっともっと練習しないとダメです。 【教訓】 ・ニーブレースは忘れるな!(忘れたくて忘れてるのではないが・・・) ・レース前には大幅なポジション変更はやめよう!(スロットル、あんこ抜き等)
by mtx_moto | 2005-03-27 21:54 | レース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dirtlife.exblog.jp/tb/2473422 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
非公開コメント
[ 2005/03/27 21:54 ] レース 2005年 | TB(0) | CM(0)

太陽2 近畿選手権第二戦in名阪SL

近畿選手権第二戦in名阪SL
編集 | 削除
昨日は名阪にて近畿選手権です。またしてもダブルエントリーです。先週は雨降ってたので前日のタイヤ交換では雨用をチョイス。またまたタイヤってこんなに細いんだって再認識。 コースまでの道中で雪が積もっている。こりゃやばいなと思いつつも、タイヤチョイスは間違ってないことと、スタッドレスをまだ履いていることに安心する。 【下見】 路面は凍結、2年前(3年前かな)にダイブした池には盛り土無しで非常に怖い。荒れるにはいつものことだから、あまり参考にならないけどジャンプやコーナーの形状を覚える。コースが荒れてきたらジャンプは飛べないだろうと判断。 【練習走行】 今回、偶数組みは練習走行一発目。いつもは奇数が一発目なのに。路面は相変わらずカチカチ山。2周もすればほのかに轍が発生し始めた。路面状況が悪く、走るのに精一杯。ジャンプは予想通り全く飛べず。しかもフロントが路面にすくわれるような形で転倒もしてしまった。
【125予選】 今回は13台取り。全部で17台ぐらいかな。くじ引きは奇跡的に7番をゲット。ど真ん中を取るが、あとから隣に速い子供が来てゲンナリ。スタートは出遅れてほぼびりの状態。しかもダブルの次のテーブルの上りが轍だらけになっており、冷静さを失っていた僕はそこで単独転倒。皆に置いていかれる。しかしこの日はやけにパワーがありふれており、強引にバイクを引き立て復帰。ヤバイとあせったのか、その後のストレートの途中にあるテーブルでもまたしても転倒!一回目の転倒で完全ビリだったのにさらにビリに!ここでも強引に引き起こす。マーシャルに「がんばれー!」と言われたのがエンデューロちっく。その後、もう一回転倒した記憶があるが、どこでこけたのか覚えていない。でも結構そこらでスタックしてたバイクを見たし(埋没してたバイクも居た)、何台か抜いた記憶がある。で、嫁様には予選落ちと聞いたが、結局通ってたみたい。13位ぎりぎりぐらいだと思ったが、決勝では名前を呼ばれるのはベベでは無かった。 【オープン予選】 125の予選が終わってから、IB125の予選で、その次にもうオープンの予選です。くじ引きはまたしても4番。もう今日の運は使い果たしたかと思われたが、スタートで今までにない反応をしめし気が付くとホールショット。スターターのどこの部分を見ていていい反応をできたのかとか全然覚えちゃいない後に繋がらないスタートだ。1コーナー後のダブルは飛べないので速い子供が飛んでいって2位に落ち、その次のコーナーでもよたよたしたところを衝かれ、4位ぐらいに落ちた。しかしその後は125の予選の教訓を生かし、着実に転倒せずに走行。結局7位まで下がったが、無事予選通過。 【125決勝】 たなぼたで出れるこの決勝。しかし先ほどのホールショットの感触が忘れられずにスタートはがんばった。出だしは悪く横のバイクと当たったりしたが、引かずに1コーナーに突入。その後の前走者の転倒などを冷静に交わし、1周目は中盤あたりのまずまずの順位。しかしペースが上がらず。転倒は怖いので轍では超スローダウン。開けれるところはきっちり開けの作戦で。しかし#5のiwate塾長にぶち抜かれる。ちょっとがんばってみたけど、iwateさんと同じペースで走ったら絶対こけると思ったので、冷静に。引き離されたけど、iwateさんは先のコーナーで転倒していたので、難なく抜かせていただきました。その後は後ろから何台かに突っつかれたが、こらえてゴール。転倒無しの13位です。うーん、まぁまぁかな。腕上がりも無いし、轍以外では今日は足が踏ん張れてる気がする。 【オープン決勝】 2時間遅れのタイムスケジュール。2時出走の予定のレースが4時出走ですわ。めっちゃ寒いねんから予選4周とかどう考えてもいやがらせとしか思えん。スタートは少々イン側から。出だしはまたまた悪く、無理に突っ込まずイン側に向きを変えた。この動きが後ろからみたらかなりフラフラしていたらしく、僕の後ろにいたhiranoさんには迷惑を掛けた模様。すいません。この場をお借りしてお詫び申し上げます。またしても序盤に転倒者が居たが、うなぎ犬のようにするりと抜ける。iwateさんは125の決勝も、このオープンの決勝も転倒者に巻き込まれてたみたい。250のレースの直後、iwateさんにコース状況やラインを敵ながら教えてもらっていたので落ち着いて走れた。しかも轍は大変深くはなってはいるが、泥ではなくなってきていたので、まだ走りやすい。そして、またまたiwateさんに中盤でぶち抜かれる。スピードっていうか轍に入る度胸が違う!追うことも諦めたが、またしてもその先でiwateさん転倒。横をすり抜け、逃げ切るぞ!と思ったのもつかの間。またしてもストレートでぶち抜かれた…完敗でございます。結局転倒はせず、125と同様13位でした。
【総評】 決勝で遅いにしても無転倒で走りきったのは予選での一人相撲が効いたのではないかと。これもスポンサーさまのおかげです(誰?)。しかし嫁様からも言われたのだが、もう少し速く走らんとダメだと思う。残り10戦をすべてダブルエントリーすれば昇格は出来そうな気がするが、仕事とかで行けない日もあるだろうし、ヒートを落とすこともあるだろう。チキンとか三木は走ったことも無いし見たこともない。もうちょっとスピードをつければ楽になれるだろう。何より楽しく走れる。次はホームコースの下市。実は下市が一番遅い。極秘情報だが、ウォッシュボードが抜きどころですぞ、僕に対して。来週しか練習に行けないけど、何とか一皮剥けたい。
by mtx_moto | 2005-03-15 00:46 | レース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dirtlife.exblog.jp/tb/2267644 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
非公開コメント
[ 2005/03/15 00:46 ] レース 2005年 | TB(0) | CM(0)

太陽2 近畿選手権第一戦inAL生駒 その2

近畿選手権第一戦inAL生駒 その2
編集 | 削除
やっとこさ家でゆっくりできそうなので書きます。 前回は午前中のお話し。今回は午後からのお話です。 まずは125の決勝。7位通過だったのであまり良い所も取れず、またアウト側へ。スタートの飛び出しは悪くないと思ったのだが、1コーナーでまたもや前の人が遅く、前に出れず。アウトのフカフカのところなんだからもっとパワーをかけて走って欲しいところ。 1周目からhiranoさんの後ろに付く。練習でもhiranoさんの方が速いので、出来るだけついていこうとがんばった。前にも沢山バイクが見えてる。順位は12,3番ぐらいらしい。hiranoさんに離されることなく中盤に入り、前のバイクにhiranoさんが追いついた。僕はもうここで腕上がりでいっぱいいっぱい。hiranoさんは果敢に前のバイクに攻め立てている。そうこうしているのを見ている内に勝負に出たhiranoさんはコーナーで転倒。なんとかよけることが出来たが、前の人を抜くことが出来ず、少し離されてチェッカー。11位でした。 結果的にはまぁまぁでしょう。でも昔より遅くなってることは確かですなぁ。こんなに疲れてるのはおかしいわい! それで次はオープン決勝。予選でべべだったので、スタート位置が無い!2列目スタートかと思ったけど、写真のように真っ直ぐ行けばフィニッシュジャンプという位置。写真ではいけそうに見えるが実際は最悪だった。そしてスタート。少しでも隣のバイクよりいいスタートを決めたら右に寄せようと思ったが、隣の人と変わらない飛び出しで真っ直ぐにしかいけずフィニッシュジャンプ手前で急ブレーキ。そこから冷静に1コーナーを曲がる。ここで完全なるべべ。不謹慎だが「1コーナーでマルチクラッシュ希望!」と願ったのだが叶わず・・・ なんとか一生懸命走り、何台か抜いたところで、フィニッシュジャンプをショートしてしまいこけてしまった。ショートしてそのリバウンドで真っ直ぐいってしまい、こけた感じなので怪我等は無し。でもまたもや復帰するまでに何台かに抜かれてしまった。その後もヘロヘロでエンストしてしまったりで、走りは最悪。結果は22位。がくー。 まぁ、こんなもんでしょう。出場できただけでも、もうけもんです。次は名阪です。1ヶ月のインターバルがあるけど、どれだけ走ることが出来ることやら・・・ がんばるぞ!
by mtx_moto | 2005-02-04 22:59 | レース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dirtlife.exblog.jp/tb/1926439 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
非公開コメント
[ 2005/02/04 22:59 ] レース 2005年 | TB(0) | CM(0)

太陽2 近畿選手権第一戦inAL生駒

近畿選手権第一戦inAL生駒
編集 | 削除
AL生駒にて近畿選手権開幕!直前で仕事が忙しくなり、出場が危ぶまれたが何とか出場することが出来ました。ゼッケンは110番です。別に僕は警察官でもありません。 朝3時半に出発、6時コース到着。downhiller-iwateさんが場所取りをしてくれていたので良い場所にピットを陣取ることが出来ました。ありがとうございます。 週間天気予報ではずっと雨か雪ってなってたけど、なんとか1日持ちこたえてくれました。 前にも言ったように今回は125とオープンのダブルエントリー。エントリー受付のはがきには予選3組って書いていたが、2組の12台取りであった。うーん、厳しい。 車検を早めに済ませ、コースを下見。ヘドロを一面にぶちまけただけのように見えるが・・・ とりあえず、練習走行。予想通りヘドロ部分は轍になっている。とりあえず、前回に雨の中でしか飛べていない旧3連にチャレンジ。めちゃくちゃショートしてしまった。しかし何とか耐える。次の周も少しショートしてしまったが、その次の周は綺麗に飛べた。そうこうしている内に早くも腕上がりが発生!その後はラインを確かめるように走る。 とりあえず、125の予選。21台ぐらい居たと思う。久々のくじ引きは20番!うーん、この運の悪さだけは相変わらずだ。あまり選択するところも無かったので、とりあえず、混戦になるであろうイン側は避けてアウト側に。スタートの出足は6,7番だったが1コーナーをアウトで回り、その次の左コーナーもほどほどの加速ができ、そのままの順位をキープ。そこからはsukezaneさんがサインボードを出してくれたので落ち着いて走ることができ、1台に抜かれたが7位で予選通過。良かった。 つぎにオープンの予選。嫁様に「次は良い番号引けよ」と言われたくじ引きは12番・・・またまたアウト側を陣取りスタート!先ほどの125の予選と同じ1コーナーのアウト側のラインを走ろうとするも、前を走っていたバイクが遅くてジャンプセクションで順位を挽回できず。この時点で予選通過のボーダーラインぐらいだったらしい。その後、前を走るバイクを抜けずにいると後ろから来たバイクに旧3連手前の右コーナーでぶつけられて転倒。しかもその子(後からわかったけど16歳の子供でした)はさっさと行ってしまう。必死こいて再発進すると、ぬたってるところで先ほど一緒に転倒した子供がエンストしてる。「ザマーミロ」と思いつつも腕上がりでヒーヒー言いながらゴール。かなり際どかったが、なんとかボーダーの12位で予選通過。あぶない。 この転倒でシュラウドが傷だらけになってしまった。以前に装着したワークスコネクションのラジエターガードにも傷が。これが無かったら最悪ラジエターが逝ってしまってただろう。 つづく。
by mtx_moto | 2005-01-23 21:48 | レース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dirtlife.exblog.jp/tb/1809241 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
非公開コメント
[ 2005/01/23 21:48 ] レース 2005年 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。