雑文 DirtLife

モトクロスログ。雌伏編(パクリか!)

ホーム > カテゴリー - 雑文

太陽2 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽2 サグ出しとか

阪下での走行時にライダーサグを測って貰ったら90ミリだったので、そのままでと思っていたが気になったので家でギアを装備して再度測ると86ミリ。流石に少な過ぎなんでスプリングを緩める。1回転で3ミリか4ミリほど変わるはずだからとりあえず6回転ほど…と思って緩めると4回転もしないうちにスプリングがガタガタに。
とりあえずガタガタにならないギリギリのところでライダーサグは96ミリ。
いくらまだ2回しか走行してないとはいえ、これは…
因みにフリーサグは56ミリ。これはスプリングが硬すぎますわ。
スプリングのことは追い追い。

で、前回に書いた重心が遠い件。15モデルからハンドル位置が4箇所選べるんだけど、ちびっ子な僕は迷わず1番手前にしてた。それがいけないのかもと手前から2番目にしてみました。更に寝かし気味のハンドルもフォークと一直線になるように再セット。

はよ走りに行きたい。
スポンサーサイト
[ 2014/08/21 20:29 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

太陽2 漢になった日 KX250F納車

CRFからの乗り換えにあたり、色々と考えた。
まず、モトクロッサーを中古で買うという選択肢はよっぽどのことがない限り僕には無い。1年落ちでほとんど乗ってませんというバイクがあれば考えるが、知らない人が耐久性の低いモトクロッサーをどんな使い方していたか分からないのなら、それを選択する危険性が大きすぎるような気がする。
毎週のように乗っていたら2年でかなりボロボロになる。「こんなとこもダメになるのか…」というところまで交換せざる得ないことになって、修理⇒練習⇒修理の悪循環に陥ってしまうと「新車をローンで払ってるのと同じぐらい払っている」という状況にも。あと、前オーナーさんとの乗り方がそのバイクに染み付いてて乗りにくかったり、急に乗り方が変わってバイクが壊れたりとか。
という訳でモトクロッサーは新車で買いたい。もちろんお金は厳しいものがあるが…そこは我が家の財務省と相談death。

で、次の候補となると。
KTM。高い。バイクでかい。高い(大事なことなので---)。やっぱり日本人なら日本のメーカーのバイクに乗りたいので却下です。
スズキ。リセール時に二束三文で引き取られたとかいう噂も…パワーはあるけどフレームが硬すぎてサスとのバランスが取れてない感が強かった。何より回りで乗ってる人間が少なすぎる!却下です。
ヤマハ。前年に大幅なバージョンアップがあって漸くインジェクション化されました。中々いいんでないの。見た目は…あまり好みではない。あとやっぱり大柄かなぁ。タンク部分がエアクリで、幅が広い。んー、20%。
カワサキ。RC、RV好きな僕からするとドストライクなのだが、緑は自分でも一番似合わないカラーだと思う。パワーも車体も完璧。導入されている機構も先進的。古い人間なんでカワサキは耐久性が…と思ってしまうが最近は良くなってるみたい。オイルが白濁するとかないよね?50%!
ホンダ。パワーはないけど車体は最高。見た目は10のほうが良かった。あのサイドゼッケン周りの意匠はナイ。ともかく同じメーカーは避けたい。どうせ買うなら別のメーカーがイイナ!それにFIマッピング変えないとまともに走らないのはどうなのよ?30%!

という訳でカワサキに決定。450?広いコースならともかく日本のタイトターンが多い狭いコースで250よりエンストしやすいのは致命的にダメ。それにちびっ子の僕は疲れたときにエンジン掛けれる自信なし。

KX250Fのここが良さそう。
・唯一のフロントフォークコーティング(かっこいい)
・黒リム(かっこいいけど、傷を付けずにタイヤ交換とか想像できない)
・唯一のデュアルインジェクター(効果あるの?)
・フレームがコンパクト(細い)
・エンジンパワーは最高(これは言わずもがな)

で、2015年モデルの発表までワクワクして待ってました。先進的なカワサキだもの、フロントフォークはSFF AirでリアクッションにはもしかしたらBFRか?とか妄想していたのだが…ふつーにSFFで、エア化はなし。まぁ熟成のSFF Type2なんでハズレはないからいっかー、と自分を納得させる。
2015年モデルで一番良さそうだなと思ったのがオーバーサイズディスクの採用。ディスクは安定のBraking社製。これ後から付けようと思ったら前後で5万はいきそうです。

で、待つこと1ヶ月弱。納車されました。




漢カワサキ。33歳夏に漸く漢になれた。
まだお金払ってないけど笑
[ 2014/08/01 21:19 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

太陽2 CRF250Rとの思い出

2014年7月18日にCRF250Rが新しい持ち主の下へ旅立ちました。



思い返せば、2010年2月に新車で購入。大抵モトクロッサーは夏から秋にかけて発売されるのに何故こんな時期に手に入れたのだろう。全く思い出せない。
その前はYZ125で2年間走りました。その頃にはもう4スト全盛で、卑怯なほど2st125と4st250の差があることは分かっていたが、05CRF250Rのころに伸び悩みを感じていたので、これはいっちょモトクロスの基本である2stで勉強だ!ってことでYZ125でNAに参戦。無事IBに昇格できましたが、その勢いで全日本だ!と予選に出てみるものの、スタートで出れる気がしねぇ!と4stに戻る決意をした次第です。
結局CRF250Rでもスタートが出れるはずもなくIBライセンスも返上いたしました笑

インジェクションという、当時既にスクーターにも搭載されている機構が漸くモトクロッサーにも採用され、その初年度のホンダのモトクロッサーとなります。
僕が始めて新車で買った2000年モデルのYZ250Fが4st開発の序盤で、今でこそ耐久性も上がり、各社改良を重ねていてそれほどメーカーの差が無くなって来てるが、CRFと言えば、車体は良いけどエンジンパワーがね…という印象。確かに5年間乗った後の感想も大して変わらないので間違ってはないですねー。

新車おろしたてのころは2stからの乗り換えでエンブレやコーナー進入時の減速、ジャンプの踏み切りなどに違和感を感じたけど、それよりもパワーの出方がしっくり来ず。いや、パワーはあるんです。けど軽く拭け上がりすぎて直ぐにシフトアップしないといけないし、4stの美味しい部分が非常に狭い感じ。こういうもんなのかなと思っていたけど、運命の出会い。それはFIマッピング。カンピュータを接続してぽちぽちぽちーとすればあら不思議、えらいエンジン特性が変わるではありませんか。
これには感動しました。4stのころもキャブセッティングすれば多少印象は変わったけど、FIマッピングはそんなものではなかった。トルクは出るわ伸びは出るわ。それにエンジン特性が大きく変わると車体のイメージまでも変わるんですよねー。バイクが軽く感じます。
インジェクションでアクセル操作に対してリニアな感じがして轍のコーナーが走りやすかったりと、インジェクション最高!と教えてくれました。

ただまぁ、他社の4stと比べるとパワー感が乏しいのはどれだけセッティングしても超えられない壁があったように思える。けど、それを補うにはどうしたらいいのか?ってのを考えさせられました。カパッと開けて他社に付いていけないのなら手前のコーナーでスピードを維持すれば良いし、それが出来るブレーキ、サスペンション、車体バランスは最高のものを準備してくれていたと思う。

クランク大端ベアリングが焼きついたり、フレームが折れやすいとこがあったりと少々のトラブルもあったけど、インジェクション初年度でも燃料周りのトラブルは一切なかったし、見た目は最高(エアクリカバー部分やサイドゼッケンとリアフェンダーとの流れるような接合部が特に良かった)だったので、まだまだ乗るかなーと思っていたけど、やっぱりモトクロッサーなだけあって交換部品も多くなってきたので思い切って乗り換えを決意しました。

このCRFに乗りはじめて、FIマッピングでエンジン特性を変えてからは「これはモトクロッサーの最終形態だ。これ以上のものはそうそう出来ないな。」と思っていました。この感想は今もあまり変わってないです。「僕のCRFよりちょっとだけ良いな」と思えるバイクがちょろっとあったぐらいです。

4stの進化、インジェクションの実力を教えてくれた良いバイクでした。
[ 2014/07/30 13:48 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

太陽2 FIセッティングのコツ的なもの

FIセッティングに情熱を燃やす某Iさんから少しだけノウハウ的なアドバイスを以前受けましたので少し紹介。それと僕の今までの少ない経験から。なので間違ってることもあるかも。

というか、FIセッティングしないと全く走らないCRFに比べ、他社メーカーに乗ってる人でFIセッティングに凝ってる人って見たことない。
カプラー替えるだけである程度の味付けが変えられるっていうのもあるだろうし、YZなんかはそれほど本格的に変更できないってのがあるだろうけど、それを差し引いてもよく走るってことなんでしょうね。

その分、CRFはいじればいじるほど効果が分かるので楽しいのは楽しいです。

まず、ソフトでの一覧では燃料マップも点火マップも縦軸がスロットル開度、横軸がエンジン回転になります。

で、燃料を濃くすると、パワー感&トルク感がアップします。薄くすると拭け上がりが軽く感じてヒット感がでます。
点火マップは進角(+方向)させるとヒット感がでます。遅角させるともっさり感がでます。
これが基本的な挙動です。

じゃあ、全域で、燃料を濃く、進角させたらバリバリじゃね?と思うとエンジンの性格は変わらないのでトルク無く、伸びのないノーマルセッティングとほとんど変わりません。

CRFのネックは中高速のパワー感のなさと伸びの悪さ。実は低速もパワーが無いと感じますが、すさまじくあります。

高速域なら表の右上(スロットル75~100%、エンジン回転10000回転以上)の辺り?と思われるかもしれないけど、それが違うんですねー。
恐らくここら辺は直線の最後、ブレーキング直前ぐらいでの常用位置です。(もしくはシフトチェンジ直前)

ちょっとイメージしてください。
コーナーの立ち上がりで開け始めからアクセルを100%開けられるコーナーってコースでどれだけあります?アクセル開け始めのエンジン回転って拭けきってますか?
そう、表の右半分ってパワー感を感じたりし辛い領域なんです。大雑把に言えば、大雑把なセッティングで構いません。
それにエンジン回転は徐々に上がっていくものなので、同じアクセル開度でお!お!と思うパワー感ってのは縦軸は同じで、横軸が右に移動していく動きですね。

そもそもパワー感ってどういう挙動で判断しますか?大抵の人はアクセルをかぱっと開けたときに感じると思います。コーナーの立ち上がり等ですね。
つーことはですよ、エンジン回転は結構低めです。表の真ん中からそれ以下。で、アクセル開度はその人のレベルによって違いますけど、大抵30~75%ぐらいが普通じゃないでしょうか。
なのでそこらへんを濃くすればパワー感がでます。上記の通り、パワー感を持続するには右側にも同じように濃く展開させていけばOK。

で、性格がころっと変わるのが点火マッピング。
伸びって体感ではアクセル開け始めからオーバーレブするまでの時間ですよね。だから伸びを出したいのなら遅角させてエンジン回転の上昇を緩やかにすればいい。
けど、そうしちゃうと立ち上がりのギャップでフロントアップし辛く、ギャップを拾いやすくなる。パワー感も感じなくなる。
なのでそこらへんのバランスを取ります。燃料の濃さとも相談しつつ。濃くしたところのもたつきを無くすために少し進角させて、その後はあまり進角させずです。一旦スピードに乗っちゃえば濃ければパワー感は出ます。

あとはライダーそれぞれの違いによって狙う位置が変わるだけ。コーナー立ち上がりでよく使うアクセル開度、エンジン回転。そこからスロットル開度100%に近づける走りが出来るのか、出来ずにその開度を保つのか。
好みもあります。立ち上がりでフロントがポンと上がるぐらいのレスポンスが欲しいのか、スムーズにグリップ走行したいのか。

僕の場合、アクセルをきっちり100%開けて立ち上がれるコーナーが少ないので、そちらに美味しい部分を持ってくるより、3/4スロットルでぐいぐい立ち上がってくれるほうがいい。さらにツキに関してもそれほど求めず、ヒット感はあまり必要ありません。(半クラ当てないときついーと感じない程度)
轍の中でアクセルを開け始めたときにバイクが起きたり、ピッチングモーションが大きくなるのは避けたいですから。

とまぁ、抽象的な説明になってしまいましたが、こんな感じです。ご参考までに。
[ 2014/04/23 18:44 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

太陽2 ブレーキの引きずりがようやく直った(と思う)

※無茶苦茶長いです。しかも間違ってることも書いてるかと思うのでご愛嬌。

前々からフロントブレーキの効きが悪いなぁと思っていた。新車に乗せてもらうとはっきりとおかしいことが分かる。おそらくかなり前からおかしいと思っていたようで、フロントとリアのピストンシールが家に在庫があった。いつ頼んでたんだ?

はじめはエアでも噛んでいるのだろうと思っていた。で、年末、フロントブレーキのマスターシリンダーのピストンを交換。さらにフルード液の入れ替えも行った。エア抜きも完璧。が、タッチはいまいち変わらず。もう新車から買って4年。マスターシリンダーやキャリパーなど総入れ替えしないと新車のタッチは戻らないもんかと諦めていたところで、ブレーキの引きずりが発生。そりゃあもう走ってて分かるほど。
どうやら、ピストンやフルードを交換したことにより他の原因でのブレーキタッチの悪さが顕著に出てきたようだ。

そもそも、ブレーキって開放したらなんで引きずらないのかをよく知らなかった。フルードの圧でピストンが出てパッドでディスクを押す理屈は分かるけど、それがもとの状態に戻る原理は何か。あまり深く考えたことはなかった。
人に聞いてみると、ピストンが押されるときにピストンシールが変形し、それが開放と同時にピストンを押し下げるという人、マスターシリンダーピストンにはバネがついていて、開放と同時にフルードに負圧がかかってピストンを戻すという人、自分でも調べてみると同じようなことがWeb上にあり、どちらも正解なんだと思う。
けど、モトクロッサーのブレーキって、ブラケットにキャリパーがピン2つで繋がってるだけ。フローティング状態。無茶苦茶細かくパットがディスクを挟む動きを考えると。。。ブレーキを握る→ピストンが押されてピストン側のパットがディスクに当たる→さらに握りこむとキャリパー自体が外に押されてピストン反対側のパットがディスクに当たる→両方のパットでディスクを挟む の動きのはず。
だったら先述のピストンが戻る動きをしてもピストン反対側のパットはディスクに当たったままなんじゃね?と思う。キャリパーがなぜ元の位置に戻るのか。それはブラケットとキャリパーを繋いでいるピンをぶっさしてるゴムのブーツが重要パーツなんだと思う。ブレーキを掛けるとブーツからピンを抜く方向にキャリパーが広がってパットがディスクを挟む。開放するとゴム内の負圧がピンを引っ張りキャリパーを戻す。うん、これだな。あとはディスクの回転がパットに少しだけ当って元の位置に戻るってのもあるかと。
おそらく、パットの片減り。ピストンと反対側のパットだけが以上に減ってるときはキャリパーの戻りが悪いんだと思われ。実はこのゴムパーツ、キャリパー自体すごい熱をもつのでダメになりやすい気がする。前にのってたYZ125はパンパンに膨張してたことがあった。あと、ブレーキクリーナーとか掛けても硬化したりして悪影響を与えるかもね。

で、キャリパーはフローティング状態ってのは先ほどの通り。結構な衝撃があると2本のピンが曲がることがあるらしい。そういう場合はたいてい雌ねじ側が潰れたりしてピンが緩んでいることが多いらしいが、僕のCRFは緩んではなかった。

ピストンを外して綺麗にし、シールも替えて、パットも替えて、いざ!と組み上げてもまだ引きずり。なぜだ?!と途方に暮れるものの、ゆっくりと考えてみる。

パットの片減りはない。
タッチも悪いし、戻りも悪いから引きずる。
そもそもキャリパーを外すのも一苦労なほどパットが広がらない。

となれば、やはりキャリパー自体の動き。それも広がるときにも狭まるときに動きが悪いとなれば。。。

「ピンがやっぱり曲がってて出たり入ったりの動きを阻害してるんじゃね?」

注意してみてみると、CRFは標準でディスクガードが付いているのだが、それがキャリパーと挟まれたような跡が残っている。おそらく何かにヒットしたんだろう。怪しいと思いつつもピンを目視で見てみても曲がってるような曲がってないような。キャリパー側ピンには擦ったような跡が。怪しい。
キャリパー側はピンだけ外れるけど、ブラケット側は一体で注文しないと部品が出ない。5000円強。悩む。

しかしまぁ悩んでいても仕方ないので、ブラケットとキャリパー側のピン。先述のブーツ2つ、パットを止めるピン等を新品に変えてみました。

直りましたw

ブレーキ装置は繊細すぎて怖いわ!マスター側もピストンを突くような転倒をした場合、ピストンのシールが破裂したり、マスターシリンダーを変形させてしまったりすることもあるらしいですぞ。怖い怖い。マスターシリンダーはアッシーで1万強。

で、リアのブレーキもおかしいのも直した。こちらはピストンの張り付きというか、戻りきってないようで。原因はドロやサビが大半らしく、分解してみるとドロ、サビw
で、ピストンのシールの2つのうち一つが破裂してました。
よく見るとブーツが膨張していて穴ががばがばになってドロ入り放題になってました。こちらはピストンセットを頼むとブーツも同梱されていて、新品は締りが良い感じで隙間など無かったです。ぱっと見でブーツがでかくなってたら要交換!

とまぁ悩んでいたブレーキ関係の問題は解決しました。ミリ単位の動きで制御するブレーキ装置。恐るべしです。目視じゃ絶対分からない原因とかあると思う。ピストンの傷とかピストンシールの溝のゴミとか。
まぁ、勉強になりました。これからはある程度の対処法が分かるかなー。

[ 2014/01/09 23:49 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

太陽2 整備のつもりがまた破壊

久々にバイク整備。タイヤの方向交換にディスクパッド交換。あとはオイル交換って時にミッション側ドレインを外す時に嫌な感触。

CRFはミッション側ドレインの雌ネジ側がかなり奥まっているので舐めると大変な事になるのは明白だったので最初からかなり気を使っていました。
挿入するときは優しく優しく。そう、まるで…いや下ネタは辞めよう。

結果、ネジを潰していたようでヘリサートしないとダメになってしまいました。ケースを割らないとダメなのでエンジンを下ろします。全バラになるので、ヘッド周りもリフレッシュしてもらう予定です。

[ 2013/09/15 11:21 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

太陽2 コース情報を修正しました。

放置プレイのコース情報のページを修正しました。
すさみのコース、チキンランドが閉鎖と記述しました。もしかしたらこのページを見て行ってしまう人もいるかもしれないので。
[ 2013/09/12 12:46 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

太陽2 近況

おお!ブログを1ヶ月も放置とは情けない!

相変わらず釣りばかりしてます。モトクロスも楽しいんだけど、メンテのことを考えると乗る気になりません。乗るのは楽しいけど、その他は…もう愛情が冷めてしまったのかも(笑)
もうぼちぼち足を洗ってもいい頃合いなのかもしれません。

アジは12月は中々に良かったです。泣き尺サイズがぽつぽつ釣れました。が、年末の冷え込みからかなり渋いです。厳しい状況です。

釣りは楽しいんですが、運の要素が強すぎるのと、運動しないので爽快感がありません。

家から近いのでダラダラと続けてる感じ。まぁ釣れても釣れなくてもまた釣りに出掛けちゃうんですが。

まぁこんな感じ。釣りだけ別ブログにしようかなぁ?
[ 2013/01/10 14:06 ] 雑文 | TB(0) | CM(2)

太陽2 修理のつもりが破壊

昨夜は注文してた純正部品を受け取り、久々に整備。

ブレーキのピストンシールやプッシュロッド(?)などのブレーキ周りをリフレッシュ。
その時点で止めときゃ良かったのにクラッチ板のチェックをし始めたのが悪夢の始り。

クラッチアウターの摩耗が結構進んでるなぁと確認してからクラッチを止めるカバーを止めるネジを2本もねじ切ってしまう。しかもバネ付きなのでねじ切れたボルトの頭とワッシャが行方不明に。
取り敢えず代わりのネジとワッシャをはめてクラッチカバーを付けたが気になりまくるのでミッションオイルを抜いて再度クラッチカバーを開けて中を確認。

中にネジの頭を発見…

ワッシャもあるかも。クラッチアウター外さないと分からない。外すか…

焦ってたのもあり、クラッチのインナー(?)を破壊。むちゃくちゃ摩耗もなく綺麗やったのに…

クラッチ一式で何万の損失だ?!
[ 2012/12/07 19:29 ] 雑文 | TB(0) | CM(6)

太陽2 ごきモト21

日曜はごきモト21でした。過去の優勝者が国内最高峰のクラスチャンピオンになったりと、歴史ある日本屈指の草レース。トランスポンダーでの予選計測で決勝のクラス分けがあるからどんなレベルの人でも楽しめる!速い人も多いから優勝するのは至難の業。という誰もが楽しめるレースとなっております。

前日は気持ちの良い秋晴れの天気だったけど、日曜は朝から雨。赤土部分は非常にツゥルッツゥルなのでAメインだけの使用となりました。
なのでいつもよりコーステープの張替えなどが大変。そして予想通りの子供スタック救出もありーのでクタクタになりました。

普段レースのお手伝いなんてしないので、ごきモトの年数回だけフラッグマーシャルをしますが、速い人も遅い人も皆顔が真剣。やっぱり真剣に取り組まなきゃ楽しくないよね。

今年頭あたりから仕事が忙しくてあまりコースにも顔を出さなかったこともあり、久々に知り合いに沢山会えて楽しかった。NA時代に一緒のクラスで走ってた人も久々に出場してたりと嬉しい事も。

選手権では会えない人達に会える、それもごきモト。スタッフだって楽しんでごきモト参加できてます!ボスの平田さんに感謝!
[ 2012/10/29 11:10 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。